画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●楽天モバイル キャラバンカーとは

楽天は9月21日、同社のMVNO事業「楽天モバイル」に関する説明会を開催し、車両型の移動店舗「楽天モバイル キャラバンカー」を発表した。積極的に店舗展開を進める楽天だが、今後は固定式店舗だけでなく、イベント時などに臨時に出店できるタイプの店舗も推進していくという。

○屋外でも出店可能な楽天モバイルの新型ショップ

楽天モバイルは2015年からリアル店舗の展開を始めている。1号店となる渋谷楽天カフェ内の店舗を初めに、初年度は33店(専門店9店、量販店・併売店24件)、2016年度は111店(専門店19店、量販店・併売店92件)、3年目となる今年はすでに174店にまで拡大している。2018年3月までに200店展開を目指すという。

MVNOである楽天モバイルがリアル店舗展開を重視するのは、やはり何と言っても、MVNOというものがまだ消費者にしっかり理解されておらず、消費者の疑問や不安を解消するため、直接消費者と接触する場所が求められているという事情からだ。ウェブなどでいくら情報提供しても、そこにたどり着けないという人も多い。店舗があれば、そこで説明から契約までこぎつけることもできるわけだ。

しかし、リアル店舗の展開は、いい場所の選定・確保や店舗の準備などに時間がかかってしまう。維持費を含めたコストも嵩む。そこで最近では、ショッピングモールやイベントの際にスペースを借りて臨時で展開するポップアップストアを展開し、リアル店舗が足りない部分をカバーしている。そしてそのポップアップストアをさらに一歩進化させたのが、今回発表された「キャラバンカー」だ。

「キャラバンカー」は、その名のとおり、ポップアップストアを展開するために必要な機材を搭載したウォークスルーバンで、元は楽天の別な部署で使われたものをリニューアルして採用したのだという。キャラバンカーはその機動力を生かし、ショッピングモールなどにそのまま搬入してポップアップストアを開けるわけだが、屋内だけでなく、公園やキャンプ場、テーマパークなどでも展開を考えているという。移動しているだけで一定の宣伝効果もあるわけで、なかなか無駄がない。最初の大きなイベントとして、9月30日に東北楽天ゴールデンイーグルスvs千葉ロッテマリーンズのプロ野球公式戦が開催されるKoboパーク宮城でポップアップストアを展開するという。

●大手キャリアとは違う統一感のある取組み

○消費者参加のイベント・キャンペーンに注力

消費者との接点を増やすための施策として、楽天モバイルでは出店拡大に加え、店頭でさまざまなキャンペーンやイベントを開催してきた。たとえば5月の「絶対勝てないAIじゃんけん」キャンペーンは20店舗で開催し、のべ6000人以上の参加者を、8月の「スマホ射的」は、3店舗のみの開催だったが、1500名近い参加者があったという。今週末にはイベント第3弾として、東大クイズ研究会の協力を得て「楽天モバイルからの挑戦状 東大クイズ研究会を超えろ」を直営店5店舗で開催。以後、順次全国に展開していくという。

こうしたイベントは他キャリアでも開催しているが、MNOでは比較的店舗単位(代理店単位)で開催していることが多い印象で、ブランドとして統一感のあるイベントはそこまで多くない。一方、店舗数の少ないMVNOにとっては、地方への浸透という点で課題が残る。その点、キャラバンカーを擁する楽天モバイルは、どこでもこうしたイベントを開催するフットワークを得たわけだ。もともとMVNOとしては強力な店舗網を持つだけに、効果は大きそうだ。一方、他のMVNOにとっても、比較的低予算で効果的に消費者への接点を作れるという点で、参考になるだろう。

現在MNOは単なるインフラ企業ではなく、保険等を通じてライフスタイル企業へ脱皮しようと、特に販売店を活用するための様々な施策を行なっているが、正直言えば、よほどのことがなければ、キャリアの販売店に積極的に足を運ぼうという気にはなかなかなれないものだ。楽天モバイルはMNOともMVNOとも違う第三極を目指すという方針を立てているが、「来てくれないなら、人のいるところにこちらから向かっていく」というキャラバンカーはなかなかいい線をついているように思う。どれだけの効果が発揮できるのか、大いに注目したい。