故障者/札幌=深井、荒野 新潟=成岡、矢野、R・フランク、森
出場停止/札幌=なし 新潟=D・タンキ

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 27節
北海道コンサドーレ札幌-アルビレックス新潟
9月23日(土)/14:00/札幌ドーム
 
北海道コンサドーレ札幌
今季成績(26節終了時):14位 勝点26 7勝5分14敗 24得点・39失点
 
【最新チーム事情】
●福森が左内転筋痛で。出場は流動的。
●福森を欠いた場合は石川が左CBへ。
●前回対戦ではカウンターで沈んでおり、ホニに警戒が必要。
 
【担当記者の視点】
 負傷者がかなり復帰しつつあるなか、今週は福森が左内転筋痛で別メニュー調整を余儀なくされる日があった。直接FKやCKさらにはピンポイントなロングフィードなど、福森の左足はチームの生命線とも言えるだけに、この試合を欠場するようだと非常に苦しい。
 
 守備に関してはCBを本職とする石川が十分にカバーできるが、攻撃は代わって起用される選手を含め、チーム全体でしっかりと補いたい。もちろん、福森が出場できればそれに越したことはないが、この選手の出場可否は試合を大きく左右しそうだ。
J1リーグ 27節
北海道コンサドーレ札幌-アルビレックス新潟
9月23日(土)/14:00/札幌ドーム
 
アルビレックス新潟
今季成績(26節終了時):18位 勝点11 2勝5分7敗 19得点・17失点
 
【最新チーム事情】
●前節・鹿島戦は7節・甲府戦以来の複数得点を挙げたが、後半に4失点。今季5試合目の逆転負けを喫した。
●鹿島戦で自身2ゴール目を決めたD・タンキだが、警告の累積で今節は出場停止に。
●1トップで先発が予想される富山は、小川との好連係が期待される。
 
【担当記者の視点】
 前節は首位の鹿島を相手に前半2ゴール。実に7節・甲府戦以来の複数得点を挙げたが、後半早々にCKから1点返されると勢いを失い、4失点。今季5試合目となる逆転負けを喫した。
 
 鹿島戦の2ゴールはカウンターからD・タンキ、サイドをパス交換で崩してホニと、バリエーションを示した。しかしD・タンキは警告の累積で今節は出場停止に。フィジカルの強さを全面に押し出すプレーで攻撃の中心的な役割を果たしていた1トップの不在が、どう影響するか。
 
 D・タンキに代わり先発が予想されるのは、8月に鳥栖から期限付き移籍で加入した富山。同じく鳥栖から加入したトップ下の小川との好連係が期待される。