バイエルン指揮官、監督交代直後のヴォルフスブルクに「注意が必要」

写真拡大

 バイエルン・ミュンヘンは22日、ホームでヴォルフスブルクと対戦する。カルロ・アンチェロッティ監督は、新監督を招へいしたばかりの相手に対して警戒を示している。21日クラブ公式HPが伝えた。

 ヴォルフスブルクは18日に、アンドリース・ヨンカー前監督を解任。昨シーズンまでマインツで指揮を執っていたマルティン・シュミット氏が新監督に就任した。監督交代直後の対戦にアンチェロッティ監督は「難しい試合になるよ。彼らは新しい監督を迎え入れた。監督交代後のチームは、常にモチベーションが高いからね。明日の試合でも彼らは強い気持ちを持って挑んでくるだろう」と警戒した。

 現在バイエルンは、直近の公式戦3試合で10得点を決めて3勝を果たすなど、チームの調子は上向きだが、同指揮官は「もちろん勝利してこの調子を継続したいが、我々は注意する必要がある」と気を引き締めた。

 さらに昨シーズン、ホームでシュミット監督の率いるマインツと対戦し、2−2で引き分けに持ち込まれている。アンチェロッティ監督は、その試合を振り返り「昨シーズンのマインツ戦で多くの問題を抱えたことは分かっているよ」とコメント。本拠地のアリアンツ・アレーナで勝ち点を取り逃した試合を、指揮官は忘れていなかった。

 なお、バイエルンとヴォルフスブルクの試合は、日本時間22日の27時30分からキックオフされる。