22日、環球網は、2018年の韓国・平昌冬季五輪にフランスが参加しない可能性があるとする、フランスメディアの報道を伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年9月22日、環球網によると、2018年の韓国・平昌冬季五輪にフランスが参加しない可能性がある。

仏AFP通信の22日付報道によると、同国のフレセル・スポーツ相が21日に現地ラジオ局の取材に対して「北朝鮮の核開発による緊張状態が続き、選手の安全が十分に確保されない場合、フランス代表団はフランスに留まることになる。政府は代表団を危険な場所に行かせない」と発言した。

記事は「要職にある政治家が自国代表団の平昌五輪不参加の可能性に言及するのは今回が初めて。同スポーツ相の発言の数日前には、国際五輪委員会(IOC)のバッハ会長が北朝鮮情勢による平昌五輪への影響に対する懸念の軽減を図るアクションを起こしていた」などと伝えている。

同会長は「北朝鮮と他国との緊張関係が平昌五輪の脅威になっているという兆候は現れていない。間違いなく、平昌五輪はスケジュール通りに行われる」と語った。また、IOCのスポークスマンも同会長の発言の前日に「平昌五輪にBプランはない」とコメントしている。

だが、フレセル・スポーツ相は「平昌五輪が中止になるとは思わないが、フランス代表団は外務省と連絡を取り、実際の情勢を観察、分析し続ける」と語っている。(翻訳・編集/川尻)