つい先日、同棲の準備を始めたと報じられたヘンリー王子とメーガン・マークル。2人の愛の巣は、ケンジントン宮殿内にあるヘンリー王子の住居、ノッティンガムコテージと見て間違いなさそうだけど、将来的にはチャールズ皇太子とカミラ夫人(コーンウォール公爵夫人)の公邸であるクラレンスハウスに引っ越すのでは? という憶測が浮上した。

英『サンデー・タイムズ』紙によるとチャールズ皇太子は以前、国王になったとしてもイギリス王室の公式住居バッキンガム宮殿ではなく、「住み心地のいい」現在の公邸、クラレンスハウスでの生活を続けたいと話していたそう。チャールズ皇太子曰く、バッキンガム宮殿は「モダンな家族には大きすぎるし、費用がかかりすぎる」ため、住居ではなくロイヤルオフィスとして活用し、一般の人たちも気軽に入れるように一般公開したいと考えているという。

ところがクラレンスハウスのスポークスパーソンは、「バッキンガム宮殿は引き続きイギリス王室の公式住居として用いられます」とコメント。さらに上級補佐官のひとりもチャールズ皇太子の要望を却下したと英『デイリーメール』紙は伝えた。

そうした経緯もあり、英メディアはチャールズ皇太子が国王になればバッキンガム宮殿に引っ越し、その代わりにヘンリー王子とメーガンがクラレンスハウスに転居すると予想。そしてその時が来るまで、ヘンリー王子とメーガンはケンジントン宮殿で生活を共にすると報じた。

婚約間近という噂が根強く流れるヘンリー王子とメーガン。2017年9月23日(現地時間)に開催される国際スポーツイベント「インヴィクタス・ゲーム」で2ショットを披露してくれるのか、続報に期待したい!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Reiko Kuwabara

From:Harper's BAZAAR UK