違法残業事件の裁判 自殺した社員の母親は「電通を信じられない」

ざっくり言うと

  • 電通の違法残業事件の初公判で22日、同社社長は起訴内容を全面的に認めた
  • 検察側は労働者の心身を顧みない姿勢と指摘し、罰金50万円を求刑
  • 裁判後の会見で、自殺した社員の母親は「電通を信じられない」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング