ドイツ・ラウジッツで開催されたレッドブルエアレース2017の第7戦で、室屋義秀選手が今シーズン3勝目をあげました。

シーズン後半戦に入り、室屋義秀選手の前半戦の快進撃が止まってしまいました。8/22,23の第5戦ロシア・カザンではプラクテクィスでの好調が一転、決勝のラウンド・オブ・14飛行時の天候不良に翻弄され、まさかのノーポイント。第4戦の勝者、カービー・チャンブリス選手が2連勝を飾りました。

9/2,3の第6戦ポルトでは現地で機体フレームにクラックが見つかり、修復の為に金曜のフリープラクティスをキャンセルする事態に……。

決勝の出場自体が危ぶまれる中、他チームの協力も受けて修復された機体は土曜の初飛行で7位のタイムを出し、闘えるレベルまで復旧した事が伺えました。

しかし、決勝ではラウンド・オブ・8で「敗けてはいけない相手」マルティン・ソンカ選手との直接対決に敗北。しかも、ソンカ選手は優勝を飾り、ポイントリーダーに立ちました。

第7戦を前に室屋選手のランキングは首位から4位まで転落。首位ソンカ選手とのポイント差は10となり、2戦を残して自力優勝の可能性が消滅しました。優勝しても1位と2位の差が3ポイントしかないエアレースでは残り2戦でこの差はかなり絶望的。タイトル獲得を望みを繋ぐには、他力本願でもまず「勝つ」しかありません。

第7戦の舞台ラウジッツはドイツの北部のユーロスピードウェイ:ラウジッツリンクを利用して行われました。2000年に開業したこのサーキットは、インディ(チャンプ)カーやDTM、スーパーバイク選手権の開催でモータースポーツファンには馴染み深いですが、このイベントを最後にモータースポーツ興行を終了、来年には企業のテストコースとなります。

そんなサーキットを利用して開催された第7戦のコースは、トライオーバルのスーパースピードウェイとサーキット部分の上空を利用し、反時計回りに2周するレイアウト。周囲には風力発電の風車が多く、風の強い場所でもあります。


室屋選手の機体は前戦ポルトで応急処置を行ったフレームのクラックが再度発生。修理のために時間を割き、充分な調整時間が取れませんでした。不幸中の幸いは、調整が時間が無い中でも充実したようで、フリープラクティスでは50.004という最速タイムを叩き出しました。

土曜の予選は曇天ながらも微風。ここ数戦復調の兆しを見せるマット・ホール選手が50.227で今シーズン初の予選トップを獲得。今シーズン導入した新機体とのマッチングが遂に達成されたようです。2位には50.299を出したランキング5位のペトル・コプシュテイン選手がゲット。

室屋選手は50.400で3位。一方、タイトルを争うライバル達はチャンブリス選手が4位、ソンカ選手が5位、マクロード選手が7位と下位でかつ、決勝ラウンド・オブ・14で室屋選手と対戦しない順位となりました。

決勝日は晴天で、周囲の風車がほとんど動かない絶好のコンディションの中、競技がスタートしました。

【ラウンド・オブ・14】

このラウンド、予選上位選手の選手がほぼ勝利を手中にしました。唯一の波乱は予選6位、地元のマティアス・ドルダラー選手がパイロンヒットのペナルティーを犯し、ファン・ベラルデ選手に敗退。昨年の王者は今回も何か噛み合っておらず、一昨年までのドルダラー選手に戻ったかに見えます。ファステストルーザーはミカ・ブラジョー選手が勝ち上がる事に。

イワノフ vs ソンカ○
ブラジョー vs チャンブリス○
○ベラルデ vs ドルダラー
ル・ボット vs 室屋○
○マクロード vs グーリアン
○コプシュテイン vs ポドルンシェク
○ホール vs ボルトン

室屋選手は、フランソワ・ル・ボット選手と対戦し、52.048で勝利。実は室屋選手はこの時タイムを意図的に落としています。それはラウンド・オブ・8でランキング上位の選手と直接対決するため。ランキング上位選手と対戦を行い、直接相手のポイントを削らないとタイトル獲得の可能性が下がってしまうからです。

決勝のラウンド・オブ・14で直接対決を狙って予選の順位を下げても、上位の選手が後から飛ぶため、意図的にタイムを調整されて対戦を回避されてしまいます。ファイナル4で対戦しても相手のポイントを大量に削ることはできません。つまり、狙って上位と対戦し、相手を失点させられる機会はラウンド・オブ・8だけ。そして、作戦通り対戦相手はランキング3位のチャンブリス選手となりました。

【ラウンド・オブ・8】

今シーズンのランキング1〜5位の選手が勝ち残り、ここで敗退した選手はポイントに差を付けられてしまう過酷な対戦となりました。

・ホール vs ブラジョー

予選・決勝は最速のホール選手と最速の敗者ブラジョー選手の対決は、0.002秒という数センチの僅差でホール選手が勝利。しかし、ノーペナルティの飛行で51.731のタイムはファイナル4に不安を残しました。

・室屋 vs チャンブリス

チャンブリス選手との直接対決。先攻の室屋選手は50.772、後攻チャンブリス選手は51.398。室屋選手はファイナル4の進出を決めるとともに、ライバルのポイント積み上げ阻止にも成功しました。

・ベラルデ vs コプシュテイン

コプシュテイン選手、最初のハイGターンで痛恨のオーバーGで失格。ランキング5位に位置し、わずかに残っていたタイトル挑戦権がここで砕け散りました。ベラルデ選手は安全に飛行し52.216。今シーズン2度目のファイナル4に進出しました。

・マクロード vs ソンカ

ランキング2位と1位の直接対決。マクロード選手はラウンド・オブ・14では先攻グーリアン選手が4秒ペナルティを受けたにもかかわらず、序盤のゲート3でペナルティ(インコレクトレベル:+2秒)を受け、辛うじて勝ち上がっており、ここ数戦のキレの良い飛行がやや影を潜める50.898。対するソンカ選手は終始無駄のないラインをトレースして50.596。首位対決はソンカ選手が制しました。

【ファイナル4】

決勝のファイナル4は、ラウンド・オブ・8を勝ち抜けた(ホール、室屋、ベラルデ、ソンカ)順に飛行します。

最初に飛行したホール選手は50.846と本日初めて50秒台のタイムを刻み、優勝の可能性を残します。続いて飛行した室屋選手は199.1ノットと絶妙のスタートを決めると、抜群のスラロームとバーティカルターンをタイトに決め、50.451の本日のファステストタイムを叩き出し、トップに立ちます。

3番手のベラルデ選手はゲート11でのペナルティ(インコレクトレベル:+2秒)を受け、53.680。室屋選手は2位以上が確定しました。最後に飛行したソンカ選手は199.9ノットと素晴らしいスタートを切りますが、計測ポイントで一度も室屋選手を上回れず、50.964のタイムはホール選手にも遅れを取ってしまいます。

これにより、室屋選手の今シーズン3勝目、通算4勝目が確定しました。

この優勝で、室屋選手はマクロード/チャンブリス両選手をポイントで再逆転し、ランキング2位に返り咲きました。

トップのソンカ選手とのポイント差は4ポイント。次戦、室屋選手は優勝してもソンカ選手が3位以下でなくてはタイトルには届きません。しかし、絶望的だったポイント差を6ポイントも縮め、タイトル争いは実質的にソンカ・室屋の2選手に絞られたといえます(可能性ではマクロード、チャンブリス選手を含め4人)。

2017シーズンの最終戦は10/14,15のインディアナポリス。マルティン・ソンカと「サムライ」室屋義秀の最後の戦いが見逃せません。

(川崎BASE・Photo:Predrag Vuckovic/Andreas Schaad/Daniel Grund/Predrag Vuckovic/Sebastian Marko/Samo Vidic/Red Bull Content Pool)

室屋選手が今季3勝目!ワールドチャンピオンに希望をつなぐ【レッドブルエアレース2017】(http://clicccar.com/2017/09/22/512758/)