みなさんEDMはお好きですか?俺?俺はEDMを恋人のように愛しています。知れば知るほど嫌いになるところとかそっくりだ。

 タイトルに書いた通りサカナクションの新曲にEDM展開が採用されているんですけど、EDMって言葉と音楽をセットにして初めて聴いたときからこれがもうダメで、いくらなんでもシンプルにダサいと思うんですよね。

 どれだけ流行っていても「その流行には乗れねえよ騙されねえよ」っていうブームってあるじゃないですか。ほら、サロペットが流行ったときとか。

 


*参考画像 ZOZO TOWNより

 あの、それお手洗いとかって、ええ。全部ですか?それって公園のトイレとかでも…?正気…?

 EDMも同じ。

 

 EDMの良いところって、どの曲も概ねパターンが一緒ってとこだとおもうんですよ。連打の後にドロップ(サビ)が来るから、知らない曲でも「あ、ここで盛り上がればいいんか」と、わかりやすい。

 悪いところは、どの曲も概ねパターンが一緒ってとこ。YouTuber見てるときと同じ気持ちになる。

 それにいくらなんでも「サビですよ!」の連絡が露骨すぎる。「わかった?ここで盛り上がるんだよ?いいね?ここだよ!わかった?ハイここ!」って言われてるようなカンジ。なんだかとてもバカにされている気分。YouTuber見てるときと同じ気持ちになる。

「クラブカルチャーを中心にブームが起こった」

 なんて言われてるけど男女が性交渉しに集まる場所で爆音で流れてたらアンパンマンマーチでも流行るでしょ。

 この間「EDM好き!」っていう女性と話すことがあったんだけれど「アーティストは誰が好きなの?」と訊いたら「アーティスト…?EDMが好き!」と言われました。そういうことだと思います。本当の意味で流行ってねえよこれ。EDMしか知らない人間を状況が量産しただけだよ。各アーティストのCD国内で売れてないし。

 

 そんなわけでサカナクションの新曲、というか正確には新MVなんですけど

 ワオ。

 

 サカナクションはずっと好きで追いかけて聴いてるけれど、新しい作品を出すたびに理解に苦しめられるんですよね。

 

 たとえばこう。なんでこんな展開を思いつくのかわからないし、なんでこのMVにしようと思ったのか、さっぱりわからない。ドアップの山口一郎の彫りが深すぎる。うっかり落っこちたら二度と出てこれなさそう。

 普通売れるバンドって、世間のニーズに合わせたものを作るバンドのはずなんですよ。売れそうな外見に売れそうな音楽、売れそうな歌詞。そういうのをいかに上手に詰め合わせるかがセールスに繋がるはずなんだけれど、サカナクションは真逆で、新しいニーズを毎回提案してくるんですよね。

 

 仮にこの曲を作る過程で弾き語りとかでデモ音源を聴かされるとして、聴かされたらメンバー全員「は?」でしょ。流行の”頭の悪い人の画像”みたいな顔になるでしょ。よくよく聴くとサビ2つ用意してどっちがメインなのかぐちゃぐちゃになってるし。

 あとなんで毎回顔アップになるんですかね。マネキン全然似てないし。

 

 で、話は戻って新曲なんですけど。マジで理解に苦しい。毎回やってくれやがる。

 最初に鳴ってるシンセと歌メロディの拍全く合ってないし、そもそも歌が合唱だし、今更にEDMだし。

 これ、新曲とはタイトルに書いたんだけど元々は「多分、風。」に収録の曲を今の形にした曲で、ファン的には

「これアルバムに入るのかよ」

 って気持ちが強い、正直。

 しつこいようだけど、本当にEDMだけは聴いてスッと入ってこないというか、いままで「なんだこれ…」と最初は思いつつも結局ツボに落とし込まれていたのと違って、「ええ、わかんないなこればかりは」と本当に理解不能の境地まできている。個人的には、あんまりサカナクションにEDMが似合っているとは思えないし。

 みなさんは聴いた感じどうでしょうか。俺は正直わかりません。

 それでは。

Copyright © 2017 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.