永田町はちょうど1か月後の総選挙に向けて動き出し、そんな中であきれた情報が流れてきた。豊田真由子衆院議員の元秘書で、「違うだろー!このハゲ」と罵声を浴びせられた男性が、民進党から出馬を打診され検討中だという。知人は「たしかに打診はあったが、まだ返事はしていないはず」と言う。

選挙区は出身地の福井1区で、防衛相を辞任した稲田朋美衆院議員の選挙区だ。民進党関係者は「福井は自民党王国だから"奇策"でもOK。地元の理解が得られれば公認されるだろう」と話しているという。

「保守王国・福井」どうせ負けるならだれでもいい

司会の小倉智昭「民進党はこんなこと本気で考えているんですかね」

コメンテーターの中瀬ゆかり(新潮社出版部長)「奇策といっても、元秘書だって誰もわからない。"違うだろ〜!"の音声つきで登場するのかな。冗談にしてもほどがある」

笠井信輔ニュースデスクは「民進党は候補者探しも大変なようです」

小倉「10代が初めて投票する衆院選ですが、これでは投票率は低くなりそうですね」