画像提供:マイナビニュース

写真拡大

スターフライヤーは9月22日、2018年度ウインターダイヤからの国際線就航を目指し、国際線業務経験者の正社員採用を決定したと発表した。採用予定人数は若干名とし、入社時期は2018年1月頃、初任地は北九州空港となる。

求める専門性を国際線関連業務とし、具体的には営業(旅行会社・法人)、マーケティング(WEB関連含む)、運賃・制度、空港ハンドリング企画、収入管理をあげている。応募資格は、業界他社等で国際線業務の経験がある人で、マーケティングや収入管理に関しては経験を問いないものの、経験者は優遇するとしている。

また、外国語(英語、中国語、韓国語等)が堪能、「安全意識」ならびに「顧客志向」が高くチャレンジ精神旺盛であることを求めている。全国総合職として長期雇用社員(正社員)で採用する。入社時期は2018年1月(応相談)となる。初任地は北九州空港であるものの、転居を伴う異動の可能性があるとしている。応募方法など詳細は、スターフライヤー公式ホームページ内採用サイトを参照。