バレンシア、インテルからレンタル中のMFコンドグビアを買い取りか

写真拡大

 インテルからバレンシアにレンタル移籍しているフランス人MFジョフレイ・コンドグビアが、完全移籍のオプションが行使されるとの見方が強くなっていることが分かった。イタリアメディア『トゥットメルカートウェブ』が21日に報じた。
 
 インテルでは定位置を確保できず、今夏の移籍市場でバレンシアへレンタル移籍し、活路を見出すこととなったコンドグビア。移籍が決定した際には「買い取りオプションを行使させ、できるだけ長くバレンシアに留まりたい」と語っていたが、リーガ・エスパニョーラ第2節では欧州王者のレアル・マドリードとの一戦でゴールを挙げるなど、素晴らしいパフォーマンスを見せており、バレンシアは買い取りオプションを行使するのではないかと噂されている。

  なお、バレンシアが完全移籍のオプションを行使する際にインテルに支払う額は2500万ユーロ(約33億5000万円)と予想されている。