都会の喧騒を離れ、草木に囲まれた静かな寺社仏閣を訪ね歩き、その哲理を感じ、心を清めるというのは多くの観光客が選ぶ旅行スタイルの一つであるかもしれない。

写真拡大

都会の喧騒を離れ、草木に囲まれた静かな寺社仏閣を訪ね歩き、その哲理を感じ、心を清めるというのは多くの観光客が選ぶ旅行スタイルの一つであるかもしれない。

【その他の写真】

数多くの宗教が信仰されている日本においても、特に神道と仏教はその信者が多い。日本の各地には大小さまざまな神社や寺院がある。神社は神道の祭祀を行う場所で、寺院は仏教の教えを説く場所。新年の始まりである元旦から結婚、出産、受験、起業などの人生の重要な節目に、日本人は神社や寺院にお参りに行くことを好む。

観光客にとっては、神社や寺院はその美しい庭園を鑑賞できるだけでなく、澄み切った心の静けさを感じ、日本人の精神や文化、生活を理解することができる素晴らしい場所でもある。

1.『金閣寺』/許峰

2.『ご祈祷・伏見稲荷大社』/夏文彬

3.『古刹の光』/呉慶芳

4.『祈り』/在曇上

5.『平安神宮・雪の後』/リス船長

6.『厳島の夕暮れ』/凱文的馬甲

7.『お参り』/揚揚

8.『薬師神社』/許峰

9.『伏見稲荷大社』/冷冰●(●=徹のへんがさんずい)

10.『僧』/ImokoY

11.『夜の道』/urayuhiro

12.『金閣寺・雪景色』/urayuhiro
(提供/人民網日本語版)