インド南部ハイデラバードの旧市街で、寺院の前で警戒する警察官(2012年11月17日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インド南部ハイデラバード(Hyderabad)の警察当局は21日、18歳未満の少女と性交渉を行うため、お金を払って短期間の「婚姻」を偽装したとして、60代後半のアラブ人の男8人を逮捕したと発表した。詐欺、レイプなどの容疑が掛けられている。

 逮捕されたのはオマーン国籍の5人とカタール国籍の3人。警察当局によると、ハイデラバードの市内各所にある宿泊施設にいた未成年の少女8人が保護された。事件に関与したとみられるブローカー5人、聖職者3人、宿泊施設の所有者4人も逮捕された。

 当局がAFPに明らかにしたところによると、アラブ人の容疑者らは短期間の「婚姻相手」となる少女を手配するブローカーに4500〜1万5500ドル(約50万〜173万円)を支払っていた。

 容疑者らは先月ハイデラバードに到着。イスラム教の聖職者の同席のもとで婚姻の儀式を行い、既に少女たちとは婚姻状態になっていた。

 インドでは、未成年との性交渉や結婚は性犯罪として扱われている。
【翻訳編集】AFPBB News