パブリウチェンコワが3試合連続フルセット勝利で4強入り [東レPPO]

写真拡大

「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月18〜24日/賞金総額100万ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)がバーボラ・ストリコバ(チェコ)を5-7 6-3 6-1で破り、ベスト4進出を果たした。試合時間は2時間13分。

 今大会に2年連続8回目の出場となる26歳のパブリウチェンコワは、過去3度のベスト16(2009年、10年、16年)がこれまでの最高成績だった。昨年は2回戦で、エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)に6-7(5) 4-6で敗れていた。今大会では、1回戦で18歳のキャサリン・ベリス(アメリカ)を4-6 6-0 6-4で、2回戦ではワン・チャン(中国)を6-4 4-6 6-2で下して勝ち上がっていた。

 この結果でパブリウチェンコワは、ストリコバとの対戦成績を4勝0敗とした。今シーズンは3月にインディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)の3回戦で対戦し、パブリウチェンコワが6-3 6-2で勝っていた。

 パブリウチェンコワは準決勝で、第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)と第7シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)の勝者と対戦する。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」(東京・有明テニスの森)の準々決勝でバーボラ・ストリコバをフルセットで破ったアナスタシア・パブリウチェンコワ
Photo:TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 22: Anastasia Pavlyuchenkova of Russia plays a backhand in her quarter final match against Babora Strycova of Czech Republic during day five of the Toray Pan Pacific Open Tennis At Ariake Coliseum on September 22, 2017 in Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

東レ パン・パシフィック・オープン|公式

WTA(女子テニス協会)大会ページ|公式