黒島結菜、戦国時代の若武者に恋『アシガール』スタート

写真拡大

黒島結菜を主演に迎えた土曜時代ドラマ『アシガール』(NHK総合、毎週土曜18:05)が、9月23日からスタートする。本作は、『ごくせん』『デカワンコ』で知られる森本梢子による人気コミックが原作で、脚力だけがとりえの女子高生・速川唯(黒島)が、主人公。ひょんなことから唯が戦国時代にタイムスリップして、そこで出会った若君・忠清(健太郎)に一目惚れ……。恋から生まれたデタラメなパワーは出会う者を動かし、愛する人を変え、やがて戦国時代を揺るがせてゆくという“時代劇”の枠を超えたエンターテインメント時代劇。共演には、松下優也、ともさかりえ、川栄李奈、石黒賢、イッセー尾形らが名をつらねている。

[第1話「見参!戦国女子高生」のあらすじ]速川唯(黒島)・十六歳。走ることだけが得意な唯だが、明るい高校生活をなんとなく送っている。しかし、ある満月の夜、発明好きの弟の尊(下田翔大)が造ったタイムマシーンで、なんと戦国時代にタイムスリップしてしまう。いきなり合戦の野原に放り込まれた唯は混乱するが、よろいを手に入れて、見よう見まねで身につけ、必死で足軽隊に混じる。素性を疑われて、「唯之助」とごまかす唯。そんな唯の前に、一人のりりしい若武者が現れ、唯は一目惚れしてしまう。彼こそが、戦国大名羽木(はぎ)家の嫡男、羽木九八郎忠清(健太郎)だった。なりゆきで、百姓として女手一つで二児を育てる吉乃(ともさか)のもとに身を寄せた唯。いつ現代に戻れるとも知れぬまま、忠清にまた会いたい一心で城を目指すが……。