TBS宇内梨沙アナ、声優デビュー!先輩・笹川友里アナに見守られアフレコ完走

写真拡大

TBSの宇内梨沙アナウンサーが、トミカ初のテレビアニメ『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』(TBS系全国28局ネット、毎週土曜7:00〜)にて声優に初挑戦することがわかった。

本作は、日本を代表するミニカーブランド「トミカ」と完全連動するスペシャルコンテンツ。タイトルにある「ドライブヘッド」とは、今から少しだけ未来に開発された、警察・消防・救急それぞれの能力に特化している特殊機体のこと。物語では、主人公の車田ゴウ(CV:藤原夏海)をはじめとする小学生たちが操縦する3機のドライブヘッドが、街を脅かす災害や事件に立ち向かっていく。

本作には、既にTBSの笹川友里アナが本人「笹川アナ」役でレギュラー出演中。それに続き、宇内アナが演じるのも本人「宇内アナ」役だ。9月23日放送の第24話に登場する「宇内アナ」は、夏休み中の「笹川アナ」に代わって、作中のテレビ局・AKTVのキャスターを務める設定となる。

一方「笹川アナ」は、この日、高原のリゾートホテルで休暇を満喫する姿が描かれる。しかし、予期せぬ災難が……!? さらに第1話に登場した、トレンディエンジェル演じる悪党コンビも再登場するなど、盛りだくさんの内容となっている。

小さな頃からアニメが大好きだったという宇内アナは「自分が登場できるとは思いませんでした。本当に本当に嬉しいです。笹川さんのアフレコも見学したんですが、アナウンサー役だけでなく演技をするシーンも見事演じていてさすがでした。私のアフレコも見守ってくださって心強かったです! 以前からアニメの影響で“平和を守る存在になりたい”と憧れていました。主人公のゴウくんたちもきっと今の子どもたちの憧れです。これからますます活躍してほしいです」とメッセージを。

笹川アナも「宇内アナウンサーと共にアフレコ、頑張りました! 私達アナウンサーは夏休みを取らせて頂く時、他のアナウンサーにピンチヒッターを頼むのですが、今回は『ドライブヘッド』の中の笹川アナが夏休みを取り、そのピンチヒッターを宇内アナにお願いすることになりました。日々試行錯誤ですが、監督の手取り足取りの演技指導に救われています。ぜひご覧ください」と語っている。