知らないうちに家族のプライベートがダダ漏れ!? 妻にできる「夫のSNS中毒」対策

写真拡大

子どもがいると、わが子の可愛い姿をたくさんの人に見てもらいたいと、気軽にInstagramやFacebook、Twitterなどに投稿してしまう人をよく見かけます。

ママの「スマホ」がプチ虐待に!? 3歳までの“悪影響”を与えない方法

自分の投稿に「いいね」がつくと、「いいね」欲しさのあまり、更に投稿したくなるのが人間心理というものです。分からないでもありませんが、その行為、本当に大丈夫なのでしょうか。

子どもにも肖像権はありますし、投稿した写真を第三者が保存し、どこかで勝手に使われないとも限りません。そのことをママ達はよく理解し、SNSの扱い方には注意をしているものですが、パパはあまり危機感を感じていないことが多いと言います。

今回は、夫のSNS投稿で、家族のプライベートを漏らされた経験を持つママ達に、夫が実際にしていた行動と、やめさせるためにとった行動についてお伝えしたいと思います。

SNS中毒のパパにより、家族のプライベートが漏らされていた

InstagramやFacebook、TwitterなどのSNSが気になってしまい、片時も手放すことができない状態を、SNS中毒と言ったりしますが、家族との食事中もずっとスマホにかじりついている夫は少なくありません。

大切な家族のコミュニケーションタイムまでスマホを手放さない夫の姿に理解できないママは多いといいますが、夫はちゃんとリスクまで理解して使っているのでしょうか。

もし自分の夫が家族のプライベートをSNSで漏らしていたとしたら、唖然としてしまいますが、ママ達へのインタビューにより、そのようなことは実際にあり得ることが分かりました。

では、どんな形で家族のプライベートが漏らされていたのでしょうか。

1. Instagramに目隠しなしの子どもの写真が……

「夫の会社の同僚がたまたま自宅に遊びに来た時に『この間、お子さん達とお花畑に行かれたんですよね。ひまわり持っていた○○ちゃん凄く可愛かったです』と言われ、スマホを見せられた瞬間、唖然としました。夫がインスタに子どもの写真を目隠しなしでアップしていたのです」とEさんは話します。

子どもにだって肖像権はあるし、どこかで子どもの写真が勝手に使われてしまうかもしれないと考えるとゾッとしたというEさん。

夫の軽率な行動と、自分の知らないところで家族のプライベートが漏らされていたということにショックを受けたと言います。

2. 夫に相談したママ友トラブルの内容がTwitterで……

ママ友関係に悩んでいたことを夫に相談し、その内容がTwitterでつぶやかれていたと話すMさん。

Mさんはたまたま自分で見つけたそうですが、家族だからと信頼して話をしたつもりだったのに、まさか夫によって漏らされていたことにショックを受けたそうです。

しかも「女は面倒くさい」とか「何がストレスだ」などいうような半ば愚痴のような形でつぶやかれており、怒りを覚えたと言います。

ママ友は夫のことをよく知っていますから、何らかの形でママ友に知られてしまったらと思うとゾッとしたそうです。しかし今更何も出来ませんから、それ以降ママ友と会うたびにビクビクしているとMさんは言います。

ママ達が実行した夫のSNS中毒対策とは?

では、SNS中毒になっている夫への対策としてママ達はどのような行動をとったのでしょうか。

先ほど登場したEさん、Mさんに聞いてみました。

1. 注意を促すリーフレットを息子から夫に手渡し

Eさんは中1になる息子が「スマホ中毒を注意喚起するリーフレット」を学校で貰ってきたので、それを息子から夫に渡してもらい、「これ、お父さんのことだよね」と一言言ってもらったそうです。

それを読んだ夫の顔は、少し青ざめたようにも見えたそうですが、そこに追い打ちをかけるように「子どもにも肖像権がある」ということを告げると、その言葉が身に染みたようで、それ以降はSNS中毒のような行動がなくなったそうです。

2. 思い切ってSNSのアカウントを削除させた

いつでも使える環境にあるからいけないのだと、思い切ってアカウントを削除してもらったというMさん。

アカウントは削除してもまた登録できてしまうことは分かっていましたが、自分がしたことをしっかり認識してもらい、あえて自分の手で削除してもらうことによって意識を高めてもらったそうです。

アカウントを削除してからは、たまに自分のスマホでチェックをしているそうですが、使っている形跡もなく、食事中のスマホ操作もなくなったとMさんは言います。

夫のSNSの使い方により、自分が知らないところで家族のプライベートが漏らされている可能性があることを改めて知らされたママも多いのではないでしょうか。

スマホの使い方については、子どもばかりに注意喚起してしまいがちですが、実は夫にも必要な場合も少なくありません。

自宅に個人名宛に届く郵便と同じように、スマホも家族だからと言って勝手に見ることはいけませんが、SNSの使い方については家族で意識を統一しておくことが家族のプライベートを守ることにも繋がります。

家族全員が同じ意識をもって利用できるよう、一度話し合う必要がある家庭もあるかもしれませんね。