元同僚がネイマールのPSG移籍に言及 「バルサではメッシの陰であり続けた」

写真拡大

マテューが語った今夏の移籍劇 「幸せな選択だと思うよ」

 ブラジル代表FWネイマールは、今夏の移籍市場で2億2200万ユーロ(約290億円)という史上最高額の移籍金でバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に加入したが、バルサ時代の同僚がその移籍理由をアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの関係にあると話している。

 英紙「デイリー・エクスプレス」などが報じた。

 昨季までバルセロナでプレーしたフランス代表DFジェレミー・マテューは、今季からポルトガルのスポルティング・リスボンでプレーしているが、ネイマールの移籍について“メッシの二番手”という状況がネックだったと語っている。

「彼がバルセロナを出ていくなんて、人々が思った瞬間はなかっただろうね。だけど、これがフットボールであり、そのような世界だ。彼が決定したことでもある。

 思うに、彼はバルセロナにいればメッシの陰であり続ける。メッシの二番手というのは受け入れ難かったのではないか。彼はバロンドールを獲得することを欲しているし、パリに移籍してゴールも決めているから幸せな選択だと思うよ」

PSGでCL制覇を果たせばバロンドールも…

 元チームメイトは、近年のバロンドールをレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと分け合うように獲得しているメッシと同クラブでプレーする限り、その陰から抜け出せないとの思いが、移籍につながったと推察している。

 PSGで主役の座を射止めて、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を成し遂げるならば、バロンドール獲得レースの主役に名乗りを上げることも不可能ではない。

 マテューはバルセロナへの在籍経験を踏まえて、ネイマール移籍の理由を語った。ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとのPKキッカー争奪戦などで物議を呼んでいるネイマールだが、元チームメイトの推察通り、熱望するバロンドール獲得を達成できるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images