昨季はチームのキャプテンマークを巻いてプレイすることもあったアバーテ photo/Getty Images

写真拡大

負傷による長期離脱で、昨季の終盤戦を棒に振っていたACミランのイタリア代表DFイグナツィオ・アバーテが、苦悩の日々を振り返っている。

2月26日に敵地で行われた昨季のセリエA第26節サッスオーロ戦で左目を負傷したアバーテ。当初の予想を上回る深刻な怪我で、第27節以降の試合を全て欠場し、治療に専念していた。そして今夏、長きに渡るリハビリの末にチームへ復帰。すでに今季公式戦6試合に出場しており、メンバーが大幅に変更された新生ミランで、完全復活に向けて着実にアピールしている。

そんなアバーテがクラブの公式チャンネル『Milan TV』のインタビューに応じ、「レッジョ・エミリア(サッスオーロのホームタウン)での出来事は思い出したくもないよ」とコメント。さらに「あの時のこと(目を負傷した時のこと)を否定するつもりはない。だけど、もう戻れないかもって思ったし、引退も考えたよ」と当時の心境を明かした。

そして「ただ、全てが順調に進み、僕の目は回復した。旧チームと新チームのメディカルスタッフには感謝しきれないよ。復帰してから初めてサン・シーロのピッチに立ったときは、本当に嬉しかった。緊張もしたけど興奮したね」と再びプレイできる喜びを語っている。