最近、外出先でも目にする機会が増えてきた犬の「マナーベルト」。お出かけの際に施設などをマーキングで汚してしまうのを防ぐために使用されます。

普段のお散歩では見かけることはないと思いますが、犬を連れて入館できるカフェやショッピング施設などで装着しているケースが多いようです。このマナーベルトの装着を条件に、ペットの入館可となっている施設があったりします。

今回はそんな「マナーベルト」についてご紹介です。

マナーベルトとは?

その名の通り、マナーを守るために作られたマナーベルト。ここでいうマナーとは、人間にとってのマナーです。つまり人間が出入りするような場所に犬を連れて行った際に、飼い主のマナーとして愛犬に装着させるために作り出されました。愛犬がマーキングをして周囲を汚してしまうことを防止する役割を持っています。

犬用の「おむつ」のようなものですが、普段の排尿自体を防止するわけではなく「マーキングによる排尿で周囲を汚すこと」を防止するために装着させるものです。形状は「腹巻」のようになっており、内側に「尿取りパット」が入っています。

マーキングで出るおしっこの量は通常の排尿とは異なって、それほど多くはありません。そのため、あくまでもマーキングの際の排尿量に合わせた作りをしています。トイレトレーニングができていないからといって、常につけておくものではないため、その点は注意が必要です。

マナーベルトの使い方

マナーベルトはその名の通り、ベルト状、つまり腹巻の形状をしています。尿取りパッドが入った腹巻をマジックテープで腰回りに装着をさせることで使用します。デザインも豊富ですが、動くことでずれが生じるため、まうは「愛犬の腰回りのサイズ」に合ったものを選ぶようにしましょう。

使用のタイミングとしては、ドッグカフェや室内のドッグラン、装着が義務付けられている施設などです。車に乗せる際や友人の家へ遊びに連れて行く際など、おもらしの可能性があるタイミングにも装着しておけば安心できますね。

マナーベルトを使う際の注意点

マナーベルトはあくまでも一時的な不測の事態を防ぐために着用させるものです。一番の注意点は「長時間の装着」は想定されていないという点です。あくまでも外出時などの特定の時間に使用するものなので、つけっぱなしにすることはできません。また、少し長めにつける際は、こまめに尿取りパッドを替えてあげるようにしましょう。

また、飼い主さんの留守中にマナーベルトを使用する方もいるかもしれません。万が一、マナーベルトが外れてしまい、尿取りパッドなどの誤食も危険もありますので、飼い主さんの目の届かない場所での利用には注意が必要です。

犬のマナーベルトは女の子も必要なの?

マナーベルトはマーキング防止で装着するものだとご説明しました。マーキングをするのは、ほとんどがオス犬です。そのため基本的にマナーベルトはオス犬用の作りをしているのです。

そうはいっても、メス犬でも外出時の粗相の心配をされる飼い主さんも多いのではないでしょうか。しかし、マナーベルトは形状が男の子用に作られているため、どうしても女の子には合いません。そんな時のために、女の子にはマナーベルトではなく「サニタリーパンツ」を使用する方が多いようです。

もちろん用途を考えたらオムツでも代用できますが、外出する場所によっては見た目も気になるかもしれませんので、そういう時はサニタリーパンツを着用させてみてください。

まとめ

マナーベルトは、
 ・マーキングで周囲を汚すことを防止するもの
 ・長時間の着用は想定されていない
 ・サイズはぴったりなものを選ぼう
 ・目の届かない場所での誤食に注意
 ・男の子向け。女の子はサニタリーパンツを代用してみよう

マナーベルトはあくまでも不測の事態を防ぐために用いるものです。長時間の使用やトイレトレーニングをしない理由にはならないため、その点を理解して使用しましょう。

また、マナーベルトを嫌がる子やいつまでも慣れない子もいます。無理に装着を続けることは犬にとってもストレスになるため、愛犬の様子を見ながら取り入れてくださいね。

人間と生活するにあたって、犬にもいくつかのマナーが必要になってきました。犬のマナーというよりは飼い主さんに必要なマナーですよね。犬が息苦しくない範囲で、飼い主さんは必要なマナーをしっかりと守って、楽しく愛犬との生活を過ごしてくださいね。