永谷園は、神奈川県箱根市の温浴施設「箱根小涌園ユネッサン」とタイアップし、「お茶づけ海苔」をイメージした「永谷園 お茶づけ風呂」を、9月30日から11月30日までオープンする。

「永谷園 お茶づけ風呂」は、「お茶づけ海苔」をイメージした鮮やかな緑色の湯に、出汁をイメージした香りを加えた永谷園監修のオリジナル入浴剤を使用したお風呂。マコンブエキスやコメ発酵液などを配合した。血行促進、保湿、アンチエイジングの効果が期待できるという。あられや海苔に模したフロート装飾も施している。香りは出汁をイメージし、お湯の色は緑色となる。場所はユネッサン内「緑のテラス」。

また、10月中旬よりユネッサン内ミーオモールで「永谷園 お茶づけ風呂」で使用している永谷園監修の「お茶づけ風呂」入浴剤(税込170円)で販売する。館内のイタリアンレストラン「アンティパスタ」では、「お茶づけ海苔」を使用したパスタ、ピッツァ、サラダのオリジナルメニューも提供する。