9月22日、世界各地で一斉にiPhone8/iPhone8 Plusが発売されました。iPhone X待ちの消費者も多いとされるなか、各地のApple Storeには少なくないファンが列を成し、徹夜で開店を待ちました。とはいえ、全てのカラーが同じように人気というわけではないようです。

ゴールドだけすでに定額以下?

中国SNSの微博に公開されたのは、深セン・華強北の代理店で販売されているiPhone8/8 Plusの価格表です。世界最大級の電脳都市である深センにおいても、華強北はガジェット好きの聖地として知られる地域です。
 
当然、そんな地域だからこそ、流行り廃りには敏感に反応します。価格一覧を見ると、カラーバリエーションであるスペースグレイ・シルバー・ゴールドのうち、ゴールドだけが安く設定されていることが分かります。
 

 
中国での公式価格は、iPhone8の64GBモデルが5,888元(約10万円)、256GBが7,188元(約12万2,200円)です。
 
つまり、64GBが5,750元(約9万7,700円)、256GBが7,000元(約11万9,000円)に設定されているゴールドモデルは、発売日当日から、早くも通常価格よりも3,000円ほど安く設定されていることになります。この傾向は、iPhone8 Plusでも同様です。
 
一方でシルバー・スペースグレイに目を転じると、ともに公式価格よりも高くなっており、この店ではゴールドだけ人気がないか、在庫過剰ということなのでしょう。また、iPhone8、iPhone8 Plusともに、シルバーが比較的品薄のようです。

好みが分かれる色合いなのかも

iPhone8シリーズのゴールドは、背面パネルがガラス製ということもあり、従来のゴールドとローズゴールドの中間のような、これまでにない色となっています。
 
しかし、この淡く上品な色合いが、アーリーアダプターの間では好みが分かれるのかも知れません。筆者は好きなんですが……。
 
 
Source:微博,cnBeta
(kihachi)
 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ