「靴とヴィンテージ」

写真拡大

 シューズブランド「セレナテラ(Sellenatela)」が、靴と女性の身の回りにある「もの」や「こと」を繋ぐプロジェクト「靴と〇〇」を始動した。第1回は同ブランドと交流の深い名古屋発のセレクトショップ「アンライク(unlike.)」と企画する「靴とヴィンテージ」。9月30日と10月1日の2日間、期間限定のコンセプトショップを表参道エスオーワン(SO1)にオープンする。
 コンセプトショップでは、2017年秋冬シーズンの新作と定番のスタンダードラインをフルラインナップ。また、アンライクのオーナー兼バイヤーであるYukiが今回の企画のためにニューヨークで買い付けたビンテージアイテムや、名古屋のショップでセレクトしている国内外のブランドのアイテムも展開される。会場の1階はギャラリーとして、2017年秋冬シーズンのビジュアルを手掛けた写真家 チュスアントン(Chus Anton)による作品の展示をはじめ、ドリンクサービスやスイーツのケータリング、ドライフラワーアレンジメントなどが用意される。