付き合っていれば、いくら大好きな彼とはいえケンカをしてしまうこともあります。なかにはそのケンカが原因で別れてしまうなんてことも…。では、長続きしているカップルはどんなケンカをしているのでしょうか? ケンカが、ラブラブなふたりをつくるエッセンスになっているのかも。そんなラブ度の高いケンカを紹介します。

ケンカというよりは注意!?



出典:Shutterstock.com

相手に対する不満は、付き合いが長くなればなるほど出てくるもの。今まで自分のなかでは普通だと思ってしていたことが、人と付き合うことで、常識とはちょっと違ったとわかることもあります。例えば、時間の使い方や食事のマナーなど。長続きカップルは、そういった直した方がいいと思うことを相手のために注意するケンカをしています。

恋人として、相手がもっとすてきな人になるよう間違いを正してあげるようなケンカです。ケンカをしても、お互いに成長し高め合うことができるので、関係が長続きしやすいようです。

相手を思いやるケンカ



出典:Shutterstock.com

相手を思いやっているからこそのケンカも、長続きカップルに多いケンカです。例えば、一緒にドライブデートをしている時に、スピードの出し過ぎは危ないと制したり、酔っぱらった彼に対して、飲みすぎは体によくないと注意したり。スピードを出し過ぎは、運転中にいわれるとちょっとケンカになりがちなところですが、彼に事故で怪我してほしくなからこその注意。それがわかれば彼も受け入れてくれますし、仲直りもできるのです。飲み過ぎてのケンカも同様で、相手の健康を心配するからこそ口うるさくなってケンカに。
でもそのケンカのなかには、相手への思いやりと愛が溢れています。ケンカをするほどに相手からの愛を確認でき、それでより一層、一緒にいたいと思えるのでしょう。

これもケンカ? どっちのほうが相手を好きか比べっこ



出典:Shutterstock.com

ラブラブだからこそあるあるの「自分の方が相手のことを好きだと思う気持ちが大きい!」。相手が自分を好きな気持ちよりも、自分が相手を好きな気持ちが大きいんだと、相手と言い合うケンカ。これはケンカなの? と傍から見れば呆れるような内容ですが、本人たちはいたって真面目に競っています。相手への自分の思いをわかって欲しいがゆえに起こる言い合いですが、最終的にはどっちもおんなじくらい♡で落ち着いて、さらに仲が深まるほほえましいケンカです。

自分の愛を認めてもらえるだけでなく、相手からの愛情も再確認できるので、今までよりもラブラブに。ごちそうさま!

長続きしているカップルのケンカの特徴は、ただ相手に不満をぶつけるだけではないということ。自分本位なケンカをしていないのです。相手のことを考えているからこそ起こるような内容ばかり。ケンカをするたびにお互いへの理解が深まり、愛情も増すので長続きできるのです。

あなたと彼はどんなケンカをしていますか? ケンカはケンカでも、長続きできるようなケンカをして彼との愛を深めましょう。