80歳近いおじいさんが10代の頃、スケート靴を若木に掛けたまま、すっかり忘れてしまったそうです。

月日は流れ、半世紀以上が過ぎた今……。

その木の現在の姿をご覧ください。

 

My grandpa hung his skates on a small tree when he was younger.


完全に一体化してる!

スケート靴を飲みこむように木が成長したのでしょう。

それにしても、こんな中心に入り込むものなのですね。おじいさんがスケート靴を掛けた当時の姿が見てみたくなります。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●生命はその道を見いだしていくんだ。

↑自然はすごい。

●木 vs 自転車&バイク

[画像を見る]
[画像を見る]

↑これらを数十年間をタイムラプス(低速撮影)動画で見てみたい。

↑50年くらいかかるだろう。それができるカメラを探さなければいけない。

↑毎月1回、同じ場所から写真を取ればいいのではないか。

●いかにもカナダという感じの木だ。

●かわいそうな木。破傷風の予防注射がいる。

●うっかり刃に触れそうで怖い。

●いったこれは何年くらい経っているの?

(投稿者)おじいちゃんは1939年生まれで、スケートに友人と行ったのが10代の頃。つまり1950年代に置かれたものだと思う。


植物の生命力に驚く人がたくさんいました。

50年後の人々のために、今から若木に何かを置いて、タイムラプス撮影を開始するのもロマンがありますね。

【「おじいちゃんが昔、小さな木にスケート靴を掛けたまま忘れた…」→今ではこんな奇跡が起きている】を全て見る