軽自動車のスズキ・ハスラーを思い起こさせるスタイリングが特徴のコンセプトカーの「クロスビー」は、1.0L直列3気筒ターボを積んだスモールSUVです。

ノーマル仕様の「クロスビー」、大人のアウトドアに似合うコンセプトの「クロスビー・アウトドア・アドベンチャー」、そして「XBEE STREET ADVENTURE(クロスビー・ストリート・アドベンチャー)」の3つの仕様が提案されます。同コンセプトカーは、モデル名から分かるように都会など街中での使用シーンにフィットするべく仕立てられたそう。

ほかのクロスビー・シリーズと同様に、全長3760×全幅1670×全高1705mm、ホイールベース2435mmというAセグメントクラスのサイズに収まっています。

エクステリアは、グレーボディとホワイトルーフがベースで、フロントバンパーやドア、アルミホイールにイエローのアクセントが施された3トーンのユニークなコーディネイトが印象的です。さらに、輝度を高めた金属調シルバー塗装バンパーガーニッシュ、ヘッドランプリムに深みのあるダーク調メッキのアクセントを付加。

内装も外観と同じようにイエローの加飾が施されているほか、インパネにマップ状のグラフィックが施されています。シートは、メランジのメイン材にクロスビーのロゴがプリントされ、イエローとブラックの組み合わせが目を惹きます。

クロスビー、クロスビー・アウトドア・アドベンチャーとともに市販化されれば、ハスラーのようにマーケットに旋風を巻き起こしそうです。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【東京モーターショー2017】スズキの出典概要が発表。次の100年に向けて提案するコンパクトSUVをはじめ四輪10台がワールドプレミア
https://clicccar.com/2017/09/22/513653/

【東京モーターショー2017】次期型はこれで確定!? スーツケースをモチーフにした「スペーシア・コンセプト」
https://clicccar.com/2017/09/22/513703/

【東京モーターショー2017】軽ハイトワゴンの頂点を目指す「スペーシア・カスタム・コンセプト」
https://clicccar.com/2017/09/22/513716/

【東京モーターショー2017】ハスラーのコンパクトカー版!? スズキ「クロスビー」
https://clicccar.com/2017/09/22/513737/

【東京モーターショー2017】大人をターゲットに据えたスズキ「クロスビー・アウトドア・アドベンチャー」
https://clicccar.com/2017/09/22/513748/

【東京モーターショー2017】都会が似合うスモールSUVの提案「クロスビー・ストリート・アドベンチャー」
https://clicccar.com/2017/09/22/513758/

【東京モーターショー2017】働く女性が活躍できる軽トラックを提案「キャリイ軽トラいちコンセプト」
https://clicccar.com/2017/09/22/513773/

【東京モーターショー2017】ネオレトロ・カテゴリーのスズキ「SV650X」の進化とは?
https://clicccar.com/2017/09/22/513934/

【東京モーターショー2017】スクーターを乗り継いだベテランも満足させるスズキ「スウィッシュ」
https://clicccar.com/2017/09/22/513944/

【東京モーターショー2017】都会が似合うスモールSUVの提案「クロスビー・ストリート・アドベンチャー」(http://clicccar.com/2017/09/22/513758/)