2017年10月25日のプレスデーを皮切りに、11月5日まで開催される東京モーターショー2017。スズキから出展概要が発表されました。

2020年に100周年を迎えるスズキ。今回のモーターショーは、四輪車を20台(参考出品車10台、市販車10台)、二輪車を9台(参考出品車を4台、市販車を5台)、市販車のセニアカーを1台出展。

そのうち、ワールドプレミアは四輪車が10台(参考出品車すべてがワールドプレミア)、二輪車が2台、ジャパンプレミアは二輪車が1台となっています。

四輪車で目玉になりそうな「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」は、スズキが次の100年に向けて提案するという未来のコンパクトSUVで、もちろんワールドプレミアになります。

ジムニーやエスクードなどでSUV作りに長けたスズキによる次世代SUVという位置づけ。ラダーフレームと軽量コンパクトなボディというスズキらしい特徴を備えながら、ユニークなフォルムの2シーターオープンに仕立てられています。しかも、ジムニーなどのスズキ伝統の造形や記号性を次世代デザインで表現。

前軸・後軸にモーターをそれぞれ2つずつ配した四輪独立駆動のEVで、路面や走行状態に応じてきめ細かい制御が可能なうえに、高い機動性も確保できるとしています。

ほかにも、新しいユーザーインターフェイスや最新の運転支援なども盛り込まれています。

ボディサイズは、全長3460×全幅1645×全高1655mm、ホイールベースは2300mm。先述したように、パワーユニットは前後デュアルモーターアクスルユニットで、4モーターによる四輪独立駆動方式となっています。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【東京モーターショー2017】スズキの出典概要が発表。次の100年に向けて提案するコンパクトSUVをはじめ四輪10台がワールドプレミア
https://clicccar.com/2017/09/22/513653/

【東京モーターショー2017】次期型はこれで確定!? スーツケースをモチーフにした「スペーシア・コンセプト」
https://clicccar.com/2017/09/22/513703/

【東京モーターショー2017】軽ハイトワゴンの頂点を目指す「スペーシア・カスタム・コンセプト」
https://clicccar.com/2017/09/22/513716/

【東京モーターショー2017】ハスラーのコンパクトカー版!? スズキ「クロスビー」
https://clicccar.com/2017/09/22/513737/

【東京モーターショー2017】大人をターゲットに据えたスズキ「クロスビー・アウトドア・アドベンチャー」
https://clicccar.com/2017/09/22/513748/

【東京モーターショー2017】都会が似合うスモールSUVの提案「クロスビー・ストリート・アドベンチャー」
https://clicccar.com/2017/09/22/513758/

【東京モーターショー2017】働く女性が活躍できる軽トラックを提案「キャリイ軽トラいちコンセプト」
https://clicccar.com/2017/09/22/513773/

【東京モーターショー2017】ネオレトロ・カテゴリーのスズキ「SV650X」の進化とは?
https://clicccar.com/2017/09/22/513934/

【東京モーターショー2017】スクーターを乗り継いだベテランも満足させるスズキ「スウィッシュ」
https://clicccar.com/2017/09/22/513944/

【東京モーターショー2017】スズキの出典概要が発表。次の100年に向けて提案するコンパクトSUVをはじめ四輪10台がワールドプレミア(http://clicccar.com/2017/09/22/513653/)