リバプールが食指を伸ばすライプツィヒの18歳DFダヨ・ウパメカノ

写真拡大

 リバプールがライプツィヒに所属する18歳DFダヨ・ウパメカノの獲得に動くことが分かった。『メトロ』が伝えている。

 プレミアリーグ開幕から5節を消化し、2勝2分1敗で8位につけるリバプールはここまで9得点9失点と守備に課題を抱えている。シーズン前に守備陣の補強に失敗したという批判を受けており、クラブは若きフランス人CBに白羽の矢を立てたようだ。

 ウパメカノはマンチェスター・ユナイテッドやアーセナルも強い関心を示しているという逸材。今季、ザルツブルクからライプツィヒに加入し、2021年までの長期契約を締結。世代別代表の経験を持ち、15年にはU-17フランス代表として欧州選手権の制覇に貢献している。

 独『ビルド』が来年1月の移籍市場オープンに先立ってユルゲン・クロップ監督がウパメカノに食指を伸ばしていると伝えたと、同紙は伝えている。


●欧州移籍情報2017-18

●プレミアリーグ2017-18特集