焙煎からドリップまで全行程を見せます!36万円の高級全自動マシン

写真拡大 (全5枚)

美しい艶を出す焙煎豆が軽快にはぜる音。豆を挽く心地よいグラインド音。ドリッパーから漂う芳醇な香り。1日を豊かな気持ちにさせてくれるお気に入りの1杯を出してくれるあのカフェの味を自宅でも……。焙煎からミル、ドリップまで1台で行える焙煎機付き全自動コーヒーマシン「CAFEROID」が11月に発売にされます。プロが淹れたコーヒーの味を全自動で再現。自宅リビングで味わう至高のコーヒータイム…いかがですか。

「CAFEROID」は、本体中央に焙煎、ミル、ドリップ機能を配置することで、究極の1杯が生み出される全工程を可視化。焙煎時に変化する生豆の色、粉砕される焙煎豆、ドリップ時に膨らむコーヒー粉やサーバーへ滴る様子をすべて観れます。

LEDによる演出効果でより贅沢なひとときを演出。至高のコーヒータイムを「観」「触」「聴」「香」「味」すべての感覚で体感できます。

操作は、タッチパネル式。焙煎度や給湯温度を変えて、味の変化を楽しむなど、自分好みの味を最大限に追求できます。焙煎は250℃、湯温は93℃まで1℃単位で設定可能。粉砕工程には、高品質な国産臼刃式セラミックミルを採用しているので、湯気やコーヒーの油分で錆びる心配はありません。

独自開発の回転ドリッパーと2つの給湯ノズルにより、バリスタのハンドドリップ技術を完全自動化。ドリッパーにはプロ愛用のコーノ式フィルターを標準採用しています。W400×H610×D240 重量18圈3〜4杯/1回(120CC/1杯)。気になるお値段は38万8000円です。

>> 日本電熱「CAFEROID」

 

(文/&GP編集部)