「私って本命彼女なのかな?」

「そういえば、ちゃんと告白されてなかったような……。」

自分はキープ女かもしれない、という不安を抱える女性は少なくありません。



出典:https://www.shutterstock.com

当然ですが、本命彼女にとる行動とキープ女にとる行動では大きな違いがあります。

そこで今回は、男性がキープ女についしてしまう行動を男性ライターの筆者がご紹介します。

 

■部屋デートが多い

男性はキープ女に対してはとにかくお金を使いたがりません。

そのため、部屋でセックスだけして解散、というデートとも言えないようなデートプランしか計画しません。

「○○行ってみたいんだけど〜」と提案してみて、一向に連れて行ってくれる雰囲気がないなら、完全にキープ女と見られているでしょう。

 

■部屋が散らかっている

本命彼女にはポジティブな自分をアピールしようとします。

しかし、キープ女相手だと自分をポジティブに見せようとは思いません。

もし、相手の男性の散らかった部屋を見て、「私には飾らない素を見せてくれてるんだ」と考えてしまう女性は、完璧なキープ女脳と言えるので注意しましょう。

 

■会う予定は前日の夜か当日にする

男性は、キープ女にスケジュールをキッチリ割こうとは思いません。

「明日暇っぽいから会わない?」「友だちドタキャンして暇になったから今から会わない?」

キープ女を誘うときは大体こんなノリです。

もし、自分がキープ女として見られてないか不安なら、「来週どこかでかけない?」と誘ってみましょう。

本命ならスケジュールを確認して日程を調整してくれます。

 

■話は基本的に覚えていない

男性にしてみればキープ女の話はただのBGMでしかありません。

女性の話は基本的にオチがなく退屈だと感じる男性がほとんどなので、本命彼女や狙っている女性以外の話はちゃんと聞こうとしません。

「この前話したじゃん!」「なんで覚えてないの!?」と思うことが多いなら、きっとキープ女だと思われているでしょう。

 

上記に当てはまるようなことがあれば、「キープされているかな?」と疑いましょう。

毎回毎回、キープ女になってしまう女性は自分自身に問題がある場合がほとんどです。

もし自分がキープ女であることを自覚しないと、幸せな長続きする恋愛をすることは難しいでしょう。

【画像】

※  Ditty_about_summer/shutterstock