イラク・シャルカトに向かうイラク軍(2017年9月21日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】イラクの治安部隊は21日、夜明けとともにイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が支配する北部ハウィジャ(Hawija)の奪還に向け、周辺都市への進攻を開始した。いまだISが占拠している国内のすべての地域で奪還作戦に乗り出したことになる。

 ISは7月にイラク第2の都市モスル(Mosul)を奪還されるなど、イラクとシリアの双方で攻勢を受け、支配地域が急速に縮小している。

 イラクのハイダル・アバディ(Haider al-Abadi)首相は、ハウィジャ地域での奪還作戦は早期に終了するとの見方を示している。
【翻訳編集】AFPBB News