サッカー北アイルランド代表の試合を観戦するロリー・マキロイ【写真:Getty Images】

写真拡大

元世界1位マキロイが「CR7チャレンジ」で華麗なリフティング公開

 米ゴルフの名手が「CR7チャレンジ」でサッカーボールによる華麗なリフティングを披露し、話題を呼んでいる。まるで“本職”かのようなテクニックに米紙「USAトゥデー」が特集し、動画を見たファンも「ジョージ・ベスト2世だ」と感嘆する一方、“心配”の声も続々と上がっている。

 華麗な足技で魅了したのは元世界ランク1位のロリー・マキロイ(英国)だ。記事によると、サッカーのスペインリーグ1部レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがインスタグラムで始めた企画「CR7チャレンジ」に挑戦。参加した人は友人7人を指名するルールの下、サッカーのトリック動画を撮影し、公開するというものだ。

 この企画で大のサッカー好きとして知られるマキロイはロナウド本人からF1のニコ・ロズベルグ、格闘技のコナー・マクレガーらとともにチャレンジを要請されたのだ。マキロイが自身のインスタグラムで紹介した動画では、ラウンドの際とは打って変わったTシャツ、ハーフパンツ姿で登場。すると、ゴルフ選手とは思えないテクニックを見せる。

 ボールを転がし、両足で挟んで体の後方から持ち上げるヒールリフトを披露。そのまま右足、左足、さらに膝も織り交ぜながら巧みにリフティングを始めた。5回、10回……。そして、15回に達したところで右足を振り抜き、豪快に“ゴール”を決めた。

ファンが心配する理由とは? 「これが最初の挑戦? 正直に言って」

 USAトゥデーも「彼はとてもいい。綺麗なフリック、数度のリフティング、そしてゴールへのシュート」と絶賛。動画を見たファンからは「ジョージ・ベスト2世だ」と同じ北アイルランドにルーツを持つ世界的名手に例える称賛が上がった一方、“心配”の声が続々と上がった。

 というのもマキロイは15年に友人とサッカーに興じている際に靱帯断裂を負い、本職のゴルフ戦線から離脱した“前科”があったからだ。

「ゴルフに集中して!」

「本当に彼は足を故障したの?」

「お願いだからまた怪我しないで」

「パッティングの練習をして」

「ゴルフよりサッカーのほうが上手いね」

「これが最初の挑戦? 正直に言って」

 企画では、ジャスティン・トーマス、タイガー・ウッズ、セルジオ・ガルシアといったゴルフ界のスターから、テニスのラファエル・ナダルなど他スポーツ界のレジェンドに“パス”を送ったマキロイ。ひとまず、今回は怪我をしていないようで何よりだ。