ソフトバンク銀座でiPhone発売セレモニーが開催。宮内社長が登壇、ゲストに上戸彩さん、古田新太さんが招かれた

写真拡大 (全12枚)

 ソフトバンクは22日、ソフトバンク銀座で「iPhone 8、iPhone 8 Plus、Apple Watch Series 3 発売セレモニー」を開催した。セレモニーは午前7時45分から始まり、ソフトバンク代表取締役社長兼CEOの宮内謙氏が登壇。ゲストに上戸彩さん、古田新太さんが招かれた。

■セレモニーには、あの人も参加

 発売日の9月22日、朝8時開店となったソフトバンク銀座にて取材した。今回はiPhone Xの発売が来月に控えており、また店頭に並べる時刻が朝5時以降に規制されたことも影響して、7時の時点で並んでいた一般ユーザーの数はそれほど多くはない印象だった。

朝7時、ソフトバンク銀座の店頭の様子

 セレモニーの冒頭、ソフトバンクの宮内社長が登壇。「ソフトバンクがiPhoneを扱い始めて10年になる。この10年間で、世の中も大きく変わった。iPhoneの力によるところが大きいと思う」と挨拶した。

 進行を務めるMCは、朝早くから並んでいた一般ユーザーにインタビューした。9年前のiPhone 3GSからソフトバンクで契約しているというモヒカンの男性は「乗るしかない、このビッグウェーブにと迷言を残した者です。iPhone 8はCPUが速くなっており楽しみ。毎年買い替えているので、今回で9台目です。早く手にして、婆ちゃんに報告したい」とコメント。早起きが苦手になった、眠い、老いを感じると自虐的に話して笑いをとっていた。

通称ビッグウェーブさんもiPhone 8に期待感を示した

 ゲストの上戸さん、古田さんは新CMの撮影秘話に花を咲かせた。上戸さんは「CMも10年が経ちました。これまでのシリーズが終わっちゃうのか、これからも続くのか、まだ分からない状態。先日の撮影では(お母さん役の)樋口さんと一緒に、楽屋で泣いてしまいました。いままで普通だったことが、とても貴重だったんだなって再確認しました」とコメント。この後、会場ではカウントダウンが開始され、8時を迎えると紙吹雪が舞った。

ソフトバンク銀座でiPhone発売セレモニーが開催。宮内社長が登壇、ゲストに上戸彩さん、古田新太さんが招かれた

■人気の色はゴールド

 宮内社長は囲み取材に応じた。予約状況について聞かれると「たくさん頂いている。ただ、来月にiPhone Xが控えている。まだiPhone Xを実際に手にとるまでは、と考えている方も多いのかも知れないですね」と回答。iPhone 8、iPhone 8 Plusについては、背面がガラスのデザインになったこと、CPUの性能が上がったこと、iPhone Xよりも安いことなどが競争力になるとの見方。人気の色はゴールドだという。

 また、Apple Watch Series 3について聞かれると「前回までと比較すると、圧倒的な量の予約をいただいている」と回答した。ちなみに在庫についてはショップごとに異なるとのこと。来店して、その場で買って持ち帰ることのできる場合もあるが、バンドの大きさも人によって異なるため、まずは来店して試着して欲しいとのことだ。

ソフトバンク銀座の店内には、22日よりiPhone 8、iPhone 8 Plusの複数の実機を用意。自由に手にとって触れるようになっている

 料金プランが大手3社で異なる状況について、宮内社長は「みんな一緒というよりは良い。ボクらは半額サポートを用意、月月割も適用できるので気軽に手にできる。また、ウルトラギガモンスターも用意した。ユーザーさんにしてみたら、ほとんどアンリミテッドで動画などを楽しめるということ」とアピール。ちなみに、これらの料金プランについて孫正義代表からも「良いんじゃないか」と言われたという。