【ニューヨーク聯合ニュース】国連総会出席のため米ニューヨークを訪れている北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は21日(米東部時間)、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がトランプ米大統領の国連総会での演説に反発し、「過去最高の超強硬対応措置を検討する」との声明を出したことについて、「おそらく歴代(最大)級の水爆実験を太平洋上で行うことになるのでは」と述べた。宿泊先のマンハッタンのホテル前で声明について報道陣に尋ねられ、「国務委員長(金正恩氏)がすることなのでよく分からない」と前置きした上でこのように答えた。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、北朝鮮に対し「完全に破壊するしかなくなる」と警告したトランプ大統領の国連演説を受けて金委員長が自ら声明を発表したと報じた。

 金委員長は声明で「トランプが世界の面前で私と国の存在自体を否定・侮辱し、わが共和国を破壊するという歴代最も暴悪な宣戦布告をしてきた以上、われわれもそれに相応する過去最高の超強硬対応措置の断行を慎重に検討する」と威嚇した。