MF堂安律が自身のインスタグラムで喜びの投稿

写真拡大

[9.21 オランダ杯1回戦 ヘラクレス2-4フローニンゲン]

 21日に行われたオランダ杯の1回戦の敵地で行ったヘラクレス戦で移籍後初ゴールを決めたフローニンゲンのMF堂安律が自身のインスタグラムを更新し、喜びを綴っている。

 ベンチスタートとなった堂安だったが、1-1で折り返した後半開始から途中出場。すると投入後わずか43秒で移籍後初ゴールを生み出した。FWミムン・マヒからのリターンパスを受けてゴール前に抜け出すと、左足で落ち着いてGKの股下を抜くシュートを蹴り込み、逆転弾を決めた。

 堂安はインスタグラムに英語と日本語で歓喜のコメント。英語では「フローニンゲンで初めてゴールを決めて、チームも勝ちました!僕がピッチに送られてからわずか40秒でした!」と電光石火の得点を喜ぶと、「ゴールを決め続けたいし、そのために自分はここにいると思っています」とゴール量産を誓った。

 堂安は今夏の移籍でG大阪からフローニンゲンに期限付き移籍。エールディビジでは開幕戦以来、出番が限られていたが、カップ戦で見事にアピールに成功し、逆転勝利に貢献した。日本語文では「初ゴール。嬉しくおもいます!さぁこっから!」と、決意を新たにしている。


●海外組ガイド