鈴木大誠からのパスに抜け出すも惜しくもオフサイドとなった中野誠也の飛び出し【写真:松岡健三郎】

写真拡大 (全2枚)

3回戦までに5得点を記録。勢いに乗っている中野

 9月20日、第97回天皇杯4回戦が行われ、ここまでJクラブとの対戦を繰り返しながらも勝ち進んできた筑波大学は大宮アルディージャとの一戦を迎えた。結果として0-2で敗れ、Jリーグ発足以来初となる大学勢の8強入りは叶わなかったものの、ジュビロ磐田への加入が内定しているFW中野誠也をはじめ、その高いポテンシャルを広く知らしめる戦いぶりを見せた。(写真・文:松岡健三郎)

----------

 9月20日に行われた第97回天皇杯4回戦。今大会、ここで注目すべくは筑波大学とJ3の長野パルセイロであろう。私はそのうち筑波大学-大宮アルディージャの1戦を撮影。

 この大会では弱者が強者に勝つ「ジャイアントキリング」がキーワードとして注目されている。

 4回戦まで勝ち上がった大学生だが、メンバーをよく見てみると、スタメン11人中10人がユニバーシアード代表を含めて、過去に日の丸を背負った経験者たちだ。

 全国大会優勝経験者もいたり、日本代表で海外経験もあったりとすでに経験値が高い。そんなタレントぞろいの筑波は決して弱者ではない。

 中でも注目が、FWの中野誠也。すでにジュビロ磐田入りが内定している選手だ。先月行われた、ユニバーシアードの日本代表としても、3大会ぶりの金メダル獲得に貢献した。

 天皇杯の初戦、J3のY.S.C.C.横浜戦で2得点。2回戦のベガルタ仙台で1得点。さらに3回戦でもアビスパ福岡相手に2得点とすでに5得点の活躍ぶり。福岡戦後には磐田へ特別指定選手(背番号37)として登録されるほど今もっとも勢いに乗っているFWだ。

 筑波は、中野を中央トップに据え、その後ろに三笘薫と戸嶋祥郎が近くでフォローする変則的な3トップに近い形。前半は大宮がボールを保持して、筑波がカウンターを仕掛ける展開が多かった。

 しかし、大宮はスタメンの多くが、試合から遠ざかっている選手ばかり。直近の試合で先発したのは山越康平のみで、中には3ヶ月以上試合から離れている選手もいた。試合勘の無さからか、なかなか攻撃のスピードが上がらずに前へ進めない。

 筑波は中野が中心となり、そこにプレスをかけ続けた。ときにはGKまで追い込み、大きく蹴らせて奪う場面もあった。筑波は奪ってから素早い攻撃で中野、もしくは両サイドの裏のスペースを狙った攻撃で前にボールを送る。しかし両チームともシュートまでは持ち込めないでいた。

 試合の流れがどちらに行ってもおかしくない試合展開だったが、前半28分に大宮がPKを獲得。多くの筑波応援団からのプレッシャーに負けず、清水慎太郎が落ち着いて決め、大宮が難なく先制する。

先制許すも積極的な姿勢で反撃狙う筑波大学

 まだ時間があるため筑波はあせることなくプレーを続けた。それは経験豊かな選手だからこそだと感じた。特質すべき点はDFラインから相手の裏へのボール出しだ。

 多くは右サイドバックの小笠原佳祐とセンターバックの鈴木大誠から送られるが、ノールックで出したり、体の向きとは違う方向へ出したりと一工夫することで大宮の裏を突いていた。これは意外とJリーグの試合ではあまり見かけない。パスの精度を欠くし、受け手にも難しいタイミングになるからであろう。

 それでも筑波は積極的な姿勢で反撃を狙う。中野の得意な裏への抜け出しをここぞとばかりに狙い続ける。ボールを追って撮影するカメラマンにとっては、裏へ抜け出す選手をボールと一緒に追うのはなかなか難しい。

 DFと同じように「やられた!」という気持ちになることがある。しかしこの日の1枚。鈴木大誠からのノールックパスの縦パスに抜け出した中野がアウトサイドで巧みなトラップから左足ボレー。惜しくもオフサイドとなったが、その瞬間は逃さなかった。

 筑波は前半、やや攻め急ぎすぎた感があり、シュート1本と攻撃に物足りなさを残しつつ後半へ。後半は落ち着いてボールをつなぐ、右で作ってサイドチェンジ。左で作ってサイドチェンジとJ1のチーム相手に完成度の高いチーム力をいかんなく発揮する。

 中野は前半同様に前からボールを追い続ける。ビルドアップにも参加していて、運動量の多さも持ち味の一つだ。58分にはテクニシャンで川崎に特別指定選手として登録されている三笘とのワンツーから抜け出し、左足を振り抜くが、惜しくも外れる。

 このあたりから大宮の選手の運動量がガクっと落ち始める。90分はおろか、試合にすら出ていない選手たちがスタミナを維持するプロでも難しい。逆に走力でまさる筑波のギアがさらに上がる。

 すると中野が再び魅せる。72分に長谷川アーリアジャスールのバックパスを中央でカットした中野が、そのまま持ち込み右足でミドルシュート。GK塩田仁史が触ったボールがバーに当たり、ゴールラインの内側に落ちたかに見えたがノーゴールの判定。

 この試合、ゴール横には追加副審が置かれていたが、判定は変わらず。学生サッカーでは審判に猛抗議する場面が少ないため、ここでもあまりアピールせずに終わってしまった。

すでに磐田に特別指定選手として登録。未来への期待

 筑波は逆転を狙い選手交代で打開を図る。中野も90分間ボールを追い続けたが、このまま流れを変えられず、逆に85分には再び清水に華麗なゴールを決められ試合終了。

 簡単な言葉で言えば「決定力の差」がプロとアマの差として出てしまった。極端に言えば、大学の試合でシュートを外し続けても、次の試合には出られるし、チームを首になることはない。それを目の当たりにしたような試合となった。

 Jリーグ発足以降、大学勢として初の8強入りを目指した筑波であったがかなわず。

「うまくいかないのがサッカー。この結果で大学サッカーにも、もっと注目してもらえればうれしいです」と試合後テレビインタビューに答えた中野。磐田で試合に出られるか、筑波の試合に出続けるかはわからないが、中野にとってはまた成長の糧になるに違いない試合結果となった。

 現在は、筑波の選手のように、実力があっても高卒ですぐにプロにならず、大学を経由する選手が増えている。武藤嘉紀(FC東京U-18-慶應義塾大学―FC東京)や宇賀神友弥(浦和レッズユース-流通経済大学-浦和レッズ)などユースからトップ戻るケースもある。中野もその一人。ジュビロ磐田ユースから筑波大学へ進学して、しっかりと力をつけて磐田へ戻る。

 DFの裏への抜け出しが得意な中野。磐田には中村俊輔という日本一のパサーがいる。他に日本に帰ってきた山田大記もいるし、中野の同じ年の川辺駿もいる。走ればそこにパスは来る。

 今度は甘えも言い訳も利かないプロの世界。そこで結果を出せば、来年のワールドカップへ向けて秘密兵器が誕生するかもしれない。それくらい楽しみな逸材だ。

(写真・文:松岡健三郎)

text by 松岡健三郎