パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている有賀由香里さん(仮名・25歳)にお話を伺いました。髪の毛を後ろにひとつにまとめていて、短い前髪が目立ちます。明るめのブラウンのアイシャドウと、カールしたまつげでぱっちりとした目元に、発色の良い赤いグロスを合わせていました。白いレース柄のカットソーの上に薄いブルーのカーディガンを羽織り、ベージュのひざ丈のフレアスカートを合わせていました。ピンク色のスマホケースに、普段は自撮り用のライトも持ち歩いていると言います。

「本当は、アパレルのショップ店員がよかったんですよ」

派遣で働く前は、駅ビルなどに店舗があるアパレルショップの店員をしていました。

「社員ではなくて、アルバイトでした。そこのブランドが好きだったので、新卒採用でも受けたのですが、書類で落ちました」

由香里さんは、まだ社員として企業で働いたことがないのが悩み。

「専門を出てからアクセサリーショップでバイトして、その後アパレルメーカーの店員をやっていました。どれも社員とかではなく、バイトだったんですよね」

彼女は埼玉県浦和市出身。美容師の父と、フラワーショップの店員をしている母、4歳年下の弟の4人家族で育ちました。

「父が、すぐに仕事を辞めるんですね。美容師だったんですが、店のスタッフと喧嘩して辞めてきちゃったり。自分が子供の頃は、それで引っ越したこともあります」

父も母も手に職を持って働いている、その姿を身近で見て育ちました。

「母も美容師免許を持っていたのですが、弟が生まれてから美容師を続けるのを辞めて、近所の花屋さんでバイトをしていましたね。独学でフラワーアレンジメントを覚えて、個人的に販売をしていたりしました」

由香里さんは中学は地元の公立に進学し、バスケットボール部に所属して部活動に励んだそうです。

「勉強は得意な方ではなかったのですが、高校に進学をしたらやりたいことが色々あったんです。そのため、校則が緩い学校がいいなって思って。私立より県立に入れるように、勉強しましたね。昼休みにふざけて遊んだりするくらいで、バスケは強くはなかったですが、気晴らしにはなりましたね」

高校時代は部活には所属せず、放課後はバイトに精を出していました。

「近所のショッピングモールの飲食店で、バイトしていました。知り合いがよく来るのが嫌でしたが、接客業自体は、楽しかったですね。バイト代で携帯代を払ったり、洋服を買ったり。父も母も、なるべく早い時期から“自分で稼ぐようになれ”って言うタイプでした」

専門に進学したのに、筆記試験が苦手で不採用続き

由香里さんの親は、基本的には放任主義だったと言います。

「自分は両親が22歳の時に生まれた子なんで、親が若かったんですよ。それもあって、親の方が家を空けがちで。よく友達と飲みに行ったり、仕事の後に帰ってこないこととかあって。それが普通だと思っていたんです」

高卒で就職することを検討したものの、ファッションについて専門的に学びたいと思いました。

「父も母も専門学校を出ていたので、自然とメイクやファッション系の学校を探していましたね。ただ美容師の苦労を聞いていたので、それはやりたくなかったんです。実家が店だったら、また違ったとは思うんですが。それで洋服も好きだったし、自分でコーディネートした服をネットにアップしたりしていたので、ファッションのマネージメントとか流通の方を勉強できるコースに進学しました」

高卒で就職するよりも、就職が有利になると考え専門に進学します。

「実際に洋服を作ったりするコースだと最大4年かかるので、自分は早く社会に出たかったので2年制がちょうどよかったんです」

在学中は、販売士の資格を取得するなどアパレル業界への就職に向けて準備をします。

「学校側の説明だと就職率が高いんですが、実際は卒業前に辞めてしまう人も多いんですよね。あと大学を出てから専門に通っている人もなかにはいたり。すごく優秀な人と、そうではない人の差が激しいかもしれないです」

しかし真面目に行なっていたはずの就活でしたが、なかなか内定が貰えませんでした。

「どうしても、大手のメーカーだと応募条件が大卒以上だったり、大卒と一緒にエントリーするせいか、書類落ちが多かったです。途中であきらめて、新卒ではなくアルバイトでの募集を探しました」

専門学校に進学したものの、卒業後の就職は本人次第と感じます。

「接客業を希望していても、きちんとした企業だと筆記試験もあるんですよ。これが全然できなくて。自分にとっては出題される範囲が広すぎて、どこから勉強すればよいのかわからないのもあって、リクルートスーツ姿の大学生を見るたびに落ち込んでいましたね」

フリーターを選んだため、正社員で就職するのを望んでいた両親とは衝突します。

「最初は“専門まで出したのに”って、就職が決まらないことを親がうるさかったんですよ。でも途中から、“実家だし、大学出たと思って22歳までは好きにしていいよ”って言ってもらえました」

念願のアパレルショップの店員として働くが、忙しすぎて膀胱炎に…その2に続きます。

アパレルショップで、服がきちんと畳まれていないのを見つけると、つい畳みたくなってしまうそう。