画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●地域の期待に応える複合ビルディング

昨年、国立西洋美術館が世界文化遺産に登録され、そして2017年にパンダの赤ちゃんが誕生し、9月21日には生後100日を迎えた。そんなニュースにわき上がる東京・上野御徒町地区に新たなランドマークが11月4日に開業する。「上野フロンティアタワー」だ。

上野フロンティアタワーの開業は、世界遺産登録やパンダの赤ちゃん誕生に比べれば、そのインパクトは弱いといわざるをえない。だが、この周辺地域には、待ち望まれた新たなランドマークであることは確かだろう。というのも、上野御徒町にはランドマークとなるような目立ったビルディングはなく、どうしても“ローカルな街”というイメージがぬぐえないからだ。

たとえば六本木には「六本木ヒルズ」「東京ミッドタウン」が、渋谷には「渋谷ヒカリエ」が、池袋には元祖高層ランドマークともいえる「サンシャインシティ」がある。こうしたランドマークは、単にオフィス利用というだけでなく、映画館や水族館といったレジャー施設、高感度なショッピングができるテナントが入居するなど、東京都内外からの集客に大いに寄与している。

○上野御徒町の新名所として期待

ところが、上野御徒町にはそうした目立った高層ビルのランドマークはなかった。確かに上野恩賜公園や隣接する博物館群、動物園などの集客力は高い。アメヤ横町という、独特の商店街も集客の要だろう。ただ、“それらプラス何か”が求められていたことも確かだ。“その何か”のひとつの答えが、上野フロンティアタワーといえよう。

この上野フロンティアタワーは、少々ユニークな“仕掛け”がある。立地はもともと松坂屋上野店南館があった場所で、その南館を建て替えるカタチで上野フロンティアタワーが誕生した。一般的に考えれば、当然、松坂屋上野店南館がリニューアルしたという認識となる。だが、松坂屋上野店新南館は入居するが、加えてPARCOが同居することになる。

考えてみれば単純な話だ。松坂屋を運営する大丸松坂屋もPARCOを運営するパルコも、ともにJ.フロント リテイリングのグループ企業。同居してもなんら違和感はない。とはいえ、松坂屋が入居するのは地下1階のみで、1〜6階はPARCOとなる。松坂屋のメイン売り場は、もとからある松坂屋上野店となり、タワーとは地下通路と2本の空中ブリッジで結ばれる。

●地域活性の起爆剤として生かす

事実、J.フロント リテイリング 取締役兼代表執行役員 山本良一氏は、「百貨店である松坂屋と、ファッションビルであるPARCOそれぞれの強みを生かす」と意気込む。それだけではなく、周辺の商店街や施設と協力していくことで、このタワーを起爆剤とし、上野御徒町地域を活性化する「アーバンドミナント戦略」を展開していくとした。

一方、大丸松坂屋 代表取締役 好本達也氏は、「大丸松坂屋とパルコが連携するのは初。両店の得意とする分野でそれぞれを補完できるのではないか。周辺地域とも連携し、新しい下町『シタマチ.フロント』を創り出したい」と話す。また、周辺地域との連携について、具体例のひとつとして、上野の案内所をタワーの地下1階に開設することを明かした。周辺の名所や名店、名品などをガイドする役目を担うという。

パルコ 代表執行役社長 牧山浩三氏も、松坂屋上野店と新南館、そしてPARCOの連携を強調。「松坂屋上野店と新南館・PARCOが入居する上野フロンティアタワーは、地下と空中ブリッジで行き来できる。回遊性を生み出せるので相乗効果が期待できる」とした。さらに「今回、編集した68店舗のうち、この地区に初進出したのは8割。新たな層の集客につなげたい」(牧山氏)とも話す。

そして、東京23区で44年ぶりに出店するこの店舗の名称を「PARCO_ya」とした。松坂屋とPARCO_yaという屋号が並ぶのはなんとなくユニークだ。

PARCOといえば、若者のファッションを牽引した渋谷PARCOが建て替え中。2019年に完成予定だが、開業すれば上野と渋谷という、山手線をほぼ北東南西に貫く線上に拠点をかまえることになる。山手線を利用してショッピングやレジャーを楽しみにきた客を、地理的にも取り込みやすくなるのではないか。

○映画館やオフィスフロアを備えた複合ビル

そのほかの仕掛けとしては、TOHOシネマズが7〜10階に入居する。上野観光連盟 会長 二木忠男氏によれば、「以前は映画館が数館あったが、近年はスクリーンの空白地帯になっていた。地元にとっては待望の映画館」だという。全8スクリーン1,400席の規模となり、国内外の作品はもちろんのこと、秋葉原からの徒歩圏内ということを生かし、アニメファンに支持される作品も上映されるという。

また、12〜22階はオフィスゾーンとなる。11,700平方メートルの事務所面積は、ほぼ満室。1,000人以上のオフィスワーカーの取り込みは、松坂屋上野店やPARCO_yaにランチ需要を生み出すだろう。退勤時に、ファッションアイテムや雑貨を購入して帰路につくというニーズにも応えそうだ。

六本木や渋谷などに比べれば、いまいちパッとしなかった上野御徒町。上野フロンティアタワーの登場により、どう変貌していくか。興味が尽きないところだ。