堂安が途中出場から“43秒弾”! 4-2勝利導く一撃をオランダメディアが評価

写真拡大

オランダ杯ヘラクレス戦で決勝ゴール フローニンゲンの2回戦進出に貢献

 オランダのフローニンゲンに所属するMF堂安律は、現地時間21日に行われたオランダ杯1回戦、ヘラクレス戦の後半から途中出場し、投入からわずか43秒で決勝ゴールを叩き込み、4-2の勝利に大きく貢献した。

 現地紙も堂安の働きぶりについて称賛を送っている。

 試合は1-1でハーフタイムを迎え、後半開始から堂安がアタッカーとしてピッチに立った。するとキックオフ直後に、フローニンゲンがチャンスを迎える。

 ペナルティーエリア外正面でボールを持ったFWマヒのスルーパスに対して、堂安は相手マーカーの視界から消えつつ最終ライン裏に飛び出すと、相手GKの動きを見極めて左足シュート。股下を抜けたボールはゴール右隅へと収まり、フローニンゲンに勝ち越し点をもたらした。堂安の一撃で波に乗ったチームは、その後もFWバグナの直接FKなどで追加点を奪い、終わってみれば4得点の快勝で2回戦進出を決めた。

 現地紙「Boerenmacht」では「フローニンゲンは前半、ボールを保持していたにもかかわらず中盤でのプレーが増えていた。そのなかでドウアンは攻撃的なプレーを仕掛け、守備の仕事もこなしていた」と攻守両面で精力的な働きを見せたことを評価している。

「1分も経たないうちに良いゴールが生まれた」

 また現地紙「DAGLAD NOORDEN」でも「イェスパー・ドロストに代えて日本人のリツ・ドウアンが投入されると、1分も経たないうちに良いゴールが生まれた」と、投入されてすぐの得点を讃えた。出場してからゴールを奪うまでの時間は、フローニンゲン公式サイトによれば43秒だったという。

 今夏ガンバ大阪からフローニンゲンに移籍した堂安。エールディビジ開幕戦こそ先発出場したものの、リーグ戦ではそれ以降、4戦連続で出番が巡ってきていない。ポジション確保に向けて結果を残すことが必須となっていたが、チームを勝利に導くゴールを決めたことは、何よりも明確なアピールとなったはずだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images