北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は21日、署名入りの論評で日本の憲法改正をめぐる動きを非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、自民党の石破茂元幹事長がある講演で「憲法に『自衛隊』の存在を明記しなければならないと強弁を張った」と述べた。

また、「今、日本の政界は極度に反動化、右翼化されて民心にあくまで逆行し、『平和憲法』を戦争憲法につくろうとしている」と指摘した。

さらに、「『自衛隊』を『大東亜共栄圏』実現の妄想の下で他国を血塗られた軍靴で踏みつぶしていた時の日本軍に変身させて再侵略の道に駆り出すこと、これが憲法改悪騒動の本質である」と強調した。

その上で、「日本の反動層が熱を上げる憲法改悪策動は単なる表現上の修正問題ではなく、日本の前途、アジア太平洋地域の平和に直結する問題である」とし、「日本人民も憲法改悪に頑強に反対している。島国にとって再侵略はすなわち破滅である」と主張した。