9月21日からビジネスデーが始まった東京ゲームショー2017。会場の幕張メッセは関係者だけのビジネスデーにもかかわらずかなりの入場者が出展されたゲームの試遊に長蛇の列を作っています。

長蛇の列はSONYの出展ブースにあった「グランツーリスモSPORT」も例外ではありません。発売は10月17日を予定しているとのことですが、それが一足先に試せるとあれば長蛇の列も頷けますし、試すために並ぼうという気になるのもよくわかります。

プレイステーション4、いわゆるPS4に対応したグランツーリスモシリーズの最新作であるグランツーリスモSPORT。そのリアルさは説明するまでも無く、ハンドルコントローラーとペダルセットさえ持っていれば、例えシートが動かなくても完全に没頭できてしまうというほどの仕上がり。

今回の出展ブースにはモニター、ハンドルコントローラー、ペダルユニット、そしてBRIDEの本物のレーシングバケットシートを装備した試遊筐体が10台以上も用意されています。乗り込む感じはFIA-GT3マシンに近い感覚。

そして、またもや美麗になった映像。もうリアルとバーチャルの境目が全くわかりません。

筆者も首都高速都心環状線、いわゆるC1外回りコースで試遊させてもらいましたが、ゲーム画面の中には普段走っているC1外回りが本当にそのまま再現されています。なんとなく目印にしているランドマークやビルなど、コースの外にある遠景までもが省略無しにリアルに再現されています!

リプレイ動画などでは、カメラの視点によってボケがあったり、手前に映るクルマが流れていたりするところがまるで映画のよう。この技術を応用すれば首都高を使った派手なカーチェイスシーンなどを実車で撮影する必要がなくなるのではないか?と思えるほどにリアルなのです。

そんな平面モニターでの試遊にも驚愕を覚えるほどのリアルさを持っているグランツーリスモSPORTなのですが、プレイステーション4を仮想現実化するPSVR仕様の試遊機も一台だけ用意されていました。この試遊機、VR感を高めるためにシートが油圧で動き、ハンドルには路面の振動と応力をフィードバックする機能がついているというスペシャルバージョン。

VRでどのように見えるのかを写真で伝えることが出来ないのが非常に残念ですが、これはリアルを通り越して本当に運転しているという感覚。映像に映るハンドルを持つ手がこちらのハンドル操作に合わせて動いているところがなんとも不思議ですが、動き自体は自分の操作している動きなので慣れてくると違和感がなくなります。そして首を動かせば助手席側のミラーも確認でき、その上車内が完璧再現!本気でカーステレオなどを操作できる気がしてくるほどのリアルさ!

首都高速を3周も回ればもう完全にグランツーリスモSPORTのPSVRの世界の住人です。試遊が終わってPSVRのユニットを頭から外した瞬間、現実に戻りたくない感じ。というか現実とバーチャルの変わり目の違和感といったらとんでもない。これこそ高速教習に使えるんじゃないかと思うほどの仮想現実。このようなバーチャル体験は一度、いや所有して何度も味わいたくなります。

そんな未体験な体験が出来るのも東京ゲームショーの楽しみと言えるでしょう。会期は9月24日(日)まで。仮想現実VRの真実を絶対に体験してみて欲しいと思います。

(写真・文:松永和浩)

グランツーリスモSPORTのPSVR仕様は「リアルを超えた」現実感覚!?【東京ゲームショー2017】(http://clicccar.com/2017/09/22/513811/)