横浜駅構内図(JR東日本)

写真拡大

カドカワがほかに類をみない「巨大メディアミックス企業」へと進化しつつある。契機はニコニコ動画を運営するドワンゴとの経営統合。ネットで活躍する才能を取り込むことで、メディア戦略を一気に広げた。コラムニストの河崎環さんは「カドカワは他社なら拾わない、あるいは拾い損ねてしまうような才能を拾い上げることができる」と指摘する。「U30(30歳以下)」から支持される強さの理由とは――。

■横浜駅が自己増殖能力を獲得した?

「増殖中だな。しかもエンドレスだ」――横浜駅の市営地下鉄改札からジョイナスを通り、高島屋やダイヤモンド地下街を慎重にやり過ごし、西口を回ってJR利用者の大濁流を泳ぐ。ルミネを辛くも回避し東口ポルタに潜ってそごうへと吸い込まれ、横浜ベイクオーター方面へ。それがその日の計画経路だった。

延々と四方をふさがれた地下道を歩きながら、私は確信を深めていった。電鉄間の素っ気ない連絡通路や、地下街の喧騒、配管がむき出しの改築工事中の壁。似たような風景を幾度も繰り返し、すでにエキナカを20分は歩き続けたが、まだ目的地は見えない。

「横浜駅が、私の歩く速度に合わせて地下道を触手のように延伸している。絶対に」

そうでなければ説明がつかないほどの遠さと複雑さ。横浜駅、コイツは意志を持っている。横浜駅の増殖スピードが勝つか、私の進む速度が勝つか。私は足を速めた。走れ、そして横浜駅を振り切れ。ようやくベイクオーターへと導くかもめ橋で地上の風景を目にした時、私は横浜駅に勝った満足感と安堵に包まれ、心地よい海風を胸いっぱいに吸い込んだ。

■『横浜駅SF』がいくらなんでも面白すぎる

……という具合にライトノベルめいた文体オマージュで遊びたくなってしまうくらい、「3日で12万人が熱狂した」と言われるTwitter発小説『横浜駅SF』(柞刈湯葉・カドカワBOOKS)が面白かった。私が横浜市民で、日ごろ巨大な横浜駅を縦横に利用するからというのも、もちろんあるのだけれど、

「改築工事を繰り返す<横浜駅>が、ついに自己増殖を開始。それから数百年――JR北日本・JR福岡2社が独自技術で防衛戦を続けるものの、日本は本州の99%が横浜駅化した。脳に埋め込まれたSuikaで人間が管理されるエキナカ社会。その外側で暮らす非Suika住民のヒロトは、駅への反逆で追放された男から『18きっぷ』と、ある使命を託された。」(特設サイト「あらすじ」より)

この皮肉たっぷりに荒唐無稽な発想が悔しいほど面白くて、没頭して締め切りも忘れかけたほどだ(ウソです、忘れてません!)。しかもこの小説、作者がTwitterで連投したつぶやきがTogetterでまとめられ、そのプロットをもとにブログで「本編」を発表。その後、カドカワとはてなが共同開発・運営する小説投稿サイト「カクヨム」の第1回コンテストで大賞を受賞し、書籍化したという経緯を持つ。

すでにウェブで加筆前の作品を読めるにも関わらず、書籍版で新たな読者を得てさらに大人気を博し、即重版。間髪を入れずにスピンオフである『横浜駅SF 全国版』やコミックス版もカドカワから続々出版されていて、どれも期待を裏切らない。

■アマチュアの才能を吸い上げマルチで展開する

カドカワは以前から、KADOKAWAの各種フィクションレーベルで有名コンテンツを数々発掘・生産しており、ライトノベルやコミックス、映画などを組み合わせたメディアミックスの手腕を確立していた。さらに2014年10月にドワンゴと経営統合してからは、U30(30歳未満)の若年層に強みを持つニコニコ動画と一緒になったことで、さらにマルチな展開が可能になった。上述の『横浜駅SF』や、2017年上期の大ヒットコンテンツである『けものフレンズ』など、サブカルチャー系で、筆者の周りで話題になる作品は「やっぱりカドカワ」であることが多い。

音楽でもダンスでも映像でもゲーム(またはゲームプレイ)でも漫画でもテキストでも、ニコニコを含むカドカワ傘下のサービスでは、アマチュアがマルチな分野へ投稿できる仕組みがある。投稿に対してユーザー同士の批評コメントが付き、コミュニティーにファンが集まる。そうしたU30のアマチュアの才能を鍛えかつ吸い上げる、というシステムの強さには舌を巻く。

というわけで、余計なお世話と重々承知しつつ、今回の脳内エア会議のお題は「アマチュアの才能を吸い上げ自己増殖をたくらむコンテンツプラットフォーム、カドカワはやがて本当に日本を覆い尽くすのではないか?」です。

■川上量生・カドカワ代表、「IPプラットフォーム」を明言する

カドカワの公式ホームページで、川上量生・代表取締役社長は「ネット時代のメディアミックスの進化を実現すべく、IPの創出、IP利用の多重化、メディアの多重化の3つを事業運営における柱」としたという新中期ビジョンを発表している。IPとはIntellectual Propertyの略、「知的財産(権)」のことである。

“インターネット利用が一般的になり、コンテンツはニコニコ動画や「カクヨム」など、ユーザー自身が作品を直接投稿して自由に参加するメディアから生まれ、ユーザーによって洗練されるようになりました。カドカワは、リアルから生まれるもの、ネットから生まれるもののいずれにおいてもIPの創出過程に幅広く関わる触媒となり、時代に合ったIPの誕生を支援します。

IP利用の多重化とは、原作となる一つのIPが、カドカワに蓄積されたメディアミックスのノウハウにより、書籍、映画、アニメ、ゲーム、グッズなどさまざまに形を変え、価値を増すことを意味します。形を変えることで、映画ファン、ゲームファンといった異なる顧客層へのアプローチが可能となり、IPの認知度はユーザーによる多重化を経ながら高まります。IPの楽しみ方が、既にイベントなどリアルの体験にも広がり、コンテンツにゆかりの場所を訪ねるツーリズムへも発展していることには、国境のないネットの発信力や拡散力が関わっています。カドカワは、リアルとネット、いずれの場でもユーザーニーズに応えうるIPの形を実現します。”(会社情報:代表からのご挨拶|カドカワ株式会社)

これは、アマチュアコンテンツの誕生と閲覧からクロスメディア化まで、すべてまとめて面倒を見るプラットフォームシステム、ヒット作の量産システム、あらゆるメディア形態を投入することで国内外くまなくファンを獲得しマネタイズする事業システムを作り上げたという、「一人勝ち」宣言に等しい内容である。

■U30にとってのサブカル遭遇から育成まで

カドカワの圧倒的な強みは、ニコニコ動画の興隆がちょうどU30のデジタルネイティブ世代にとってのサブカル遭遇から育成時期をカバーしたところにある。デジタルネイティブの子供がニコニコ動画でサブカルのコンテンツに出会い、見続けて成長し、やがて自らも発信するようになるというサイクルを作ったのだ(今の小学生はニコニコ動画よりもYouTubeだそうだが)。IT普及以前に生まれてITを身につけようとしている私のようなデジタルイミグラント世代が想像する以上に、デジタルネイティブな彼らにとってニコニコ動画が持つ意味は大きく、人生に浸透しているのだ。

クロスメディア化が前提であるため、カドカワは他社なら拾わない、あるいは拾い損ねてしまうような才能もすくい上げることができるのもすごいところだ。例えば最近のライトノベルでは、心情の詳細な描き込みが少なく、ひたすら場面記述と人物のセリフで進んでいくものが目立つ。それは書き手が幼少期から漫画やアニメを浴びるように読み、視聴して育った世代であるがゆえに、テキスト発想ではなく映像発想で文章を紡いでいくからだろう。アニメ化・映画化・ゲーム化などの映像化手段を持つカドカワなら、そういった文章を「未熟」と切り捨てない。

映像発想のテキストは、文章の巧拙にかかわらず、今とても増えている。それは、先述の通り漫画やアニメ文化の爆発的な普及後に育ち、幼少期からそれらを浴びるように「摂取」してきたU30にとって、テキストで状況や心情を緻密に書き込んでいくような作品は話の展開のスピード感に欠け、退屈に思えてしまうというのも一因だろう。畳み掛けるような驚きや笑いの連続、次々と扉を開けていくような、躍動感ある冒険がウケるのだ。『横浜SF』の作者も(彼自身の文章は特に短編などを見るとうなるほど上手い)、コミック版のあとがきで「私は小説はせいぜいたしなむ程度で、漫画のほうがよほど好きである。しかし自分では絵がまったく描けないので、代わりに小説を書いている」と、漫画化を想像しながら創作していたと述懐している。彼などは、まさにカドカワ的な作家と言えるのではないだろうか。

ネットと通信制高校制度を活用した「N高」新設の時といい、カドカワ(N高を創設したのは合併前のドワンゴ)はデジタルイミグラントの度肝を抜くような発想を次々と打ち出すが、デジタルネイティブにとってはカドカワの発想はとても理解しやすいらしい。U30を取り込んでくまなくマネタイズできるとは、なんて戦略的で賢いのだろうか。……そう考えながら、今日も私は横浜駅構内を果てなくぐるぐるとさまよっている。

(フリーライター/コラムニスト 河崎 環)