21日、韓国メディアによると、太陽電池分野の専門家である韓国のパク・ナムギュ成均館大化学光学部教授が、今年のノーベル化学賞の有力候補に選ばれた。資料写真。

写真拡大

2017年9月21日、韓国・ヘラルド経済によると、太陽電池分野の専門家である韓国のパク・ナムギュ成均館大化学光学部教授が、今年のノーベル化学賞の有力候補に選ばれた。

科学情報企業のクラリベイト・アナリティクスは20日、近い将来にノーベル賞受賞が有力視される研究者22人を発表した。同企業は科学分野における最高の研究者を発掘するため、学術情報データベースである「ウェブ・オブ・サイエンス」の資料を分析し、2002年から毎年、ノーベル賞受賞の可能性が高い学者らを選定してきた。今回選ばれた22人のうち韓国人はパク教授のみだった。

朴教授は太陽電池分野の世界的な権威者といわれている。パク教授が太陽電池の研究に出会ったのは1997年。米国の再生可能エネルギー研究所で染料感応太陽電池の原理を学び、効率を高める研究を始めた。しかし、太陽電池の光吸収率が低く、新たな材料「ペロブスカイト」に目を向けるようになった。そして2009年に成均館大学の教授に就任してからはペロブスカイトの研究に専念。ペロブスカイトは太陽光発電の素材として注目されていたものの、効率が3〜4%にすぎないとの理由で葬られかけていた。しかし、パク教授が2011年に効率が6.5%のペロブスカイト太陽電池を初めて開発し、世界的に注目を集めた。その後は、日本の宮坂力・桐蔭横浜大教授が開発したペロブスカイト太陽電池の性能を画期的に引き上げた。宮坂教授も今年のノーベル化学賞の有力候補に選ばれている。

パク教授は「ノーベル賞の有力候補に名前が挙がっただけでもとても光栄なこと」と話している。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「え?韓国人が?信じられない」「実際にノーベル賞を受賞できるかは別として、候補に名前が挙がっただけでもすごい」「22人に選ばれるなんて!韓国が科学で世界的に有名になる日も遠くない」「かっこいい。必ずノーベル賞を受賞してほしい」など驚きや期待の声が寄せられている。

また「政府は彼のような人を積極的に支援するべき。教授の多くがロビー活動で得た研究費を遊びに使っている。税金の無駄だ」と主張する声も。

一方で「本当に受賞したらうれしいけど、可能性は低いだろうな」「その程度の業績でノーベル賞を受賞できるの?」などと嘆く声や、「最初にペロブスカイト太陽電池の可能性を報告したのは日本人と聞いたけど…」と指摘する声もあった。(翻訳・編集/堂本)