「ホット抹茶オレ 豆乳ホイップ」(画像:ミスタードーナツの発表資料より)

写真拡大

 ミスタードーナツは、宇治茶専門店「祇園辻利」と共同開発したデザートドリンクを、期間限定で発売する。全店で、9月22日から2018年3月下旬までを予定。150年以上の歴史を持つ「祇園辻利」のこだわりの“宇治一番摘み茶”を“石臼挽き製法”で伝統的に仕上げ、抹茶のみを使った「ホット抹茶オレ 豆乳ホイップ」と「コットンスノーカフェ 抹茶」を発売する。

【こちらも】ミスドからキッチンが無くなる?構造改革の行方

■商品ラインナップ

 「ホット抹茶オレ 豆乳ホイップ」 356円(価格はいずれも税込) 「祇園辻利」の抹茶を使った抹茶オレに、北海道産のあずきあんを入れた和風ドリンク。トッピングは、抹茶を練り込んだ豆乳ホイップ。あずきと豆乳ホイップを混ぜ合わせ、味の変化が楽しめる。

 「コットンスノーカフェ 抹茶」 518円 「祇園辻利」の抹茶を使った抹茶オレに、ミルク味のコットンスノーキャンディを薄く削り入れた。トッピングは、北海道産あずきあんと抹茶パウダー、オーブンでイーストドーナツを焼き上げたラスク。抹茶オレのみで飲むのもよし、ミルク風味のコットンスノーキャンディと混ぜて食べるのも楽しい。ラスクはドリンクにつけても、そのままでもおいしく味わえる。

 また、同社は、9月22日より、すでに発売している「からだに にじゅうまる」シリーズの秋冬飲食商品として、ラーメン店「ソラノイロ」と共同開発した、「まるごときのこ麺」2種と、「豆乳担々麺」を発売する。ソラノイロは、「女性が一人でも気軽に食べられるラーメン店」の考えのもと、東京都内に3店舗、愛知県に1店舗を展開している。

■「からだに にじゅうまる」シリーズ 秋冬飲茶商品

 「きのこ味わう白湯麺」 572円 シイタケを練り込んだ平打ち特製麺に、鶏肉・赤パプリカ・黄パプリカなどの鮮やかな色の具材を盛りつけ、トッピングは、ブラックペッパー。マッシュルームの味わいが濃く、白湯スープが自慢で、最後の一滴まで楽しめる。

 「きのこ香るまぜそば」 486円 シイタケを練り込んだ平打ち特製麺に、トッピングは、しめじ・えんりき・パセリ。香り高いトリュフオイルとチーズが隠し味のマッシュルームを使ったタレを麺に絡め、きのこの味が楽しめる。

 「豆乳担々麺」 486円 人気の高い「担々麺」をアレンジし、“豆乳”をスープに使用。トッピングは、中華料理でよく使われる花椒(かしょう)を使った肉味噌とラー油。まろやかな甘みと本格的な辛さ。

 ミスタードーナツの「からだに にじゅうなる」シリーズは、2017年2月に立ち上げられた、新カテゴリー。“みんなが一緒にミスタードーナツを楽しんでいただきたい”という想いが込められ、ドーナツ・ドリンク・飲茶を対象に、商品を展開している。