精巣ガンのビルバオDF、治療が成功!再び復帰へ

写真拡大

リーガ・エスパニョーラのアスレティック・ビルバオは、「DFジェライ・アルバレスの治療が終了した」と発表した。

昨年12月に精巣ガンに侵されていることが発覚した22歳のDFジェライ。

睾丸の悪性腫瘍が発見されたことで手術を余儀なくされ、その後復帰を果たすも再発が疑われたため、再び治療に入っていた。

そのために夏に行われたU-21欧州選手権の出場も逃すことになり、厳しい時間を過ごしてきた。

アスレティック・ビルバオの選手たちが彼をサポートするために全員丸坊主にしたことでも話題になった。

そして今回ついにジェライの治療が終了したこと、そして今後数日で今後の監視プログラムが作成されるとともに、チームへの復帰プロセスが進められることが決まった。