@AUTOCAR

写真拡大 (全7枚)

もくじ

ー「コンセプト・ツー」 2018年登場へ
ーおさらい コンセプト・ワンのスペック
ーライバルは、あのハイパーカー勢
ーリマック どんなメーカー?

「コンセプト・ツー」 2018年登場へ

リマックは、来年上半期に第2のスーパーカーを公開する予定だ。

同社COOのモニカ・ミカックよれば、コンセプト・ワン(写真)よりも快適性を向上させ、価格も値上げするが、パフォーマンスはアップグレードされるという。


新モデルは、「コンセプト・ツー」というプロジェクト名が与えられているものの、発売時には別のネーミングになるとミカックは話している。ボディサイズはやや大型化され、ラグジュアリー性もランクアップするが、リマックは2シーターに拘りを持っているため、4人乗りにはならないという。
 

おさらい コンセプト・ワンのスペック


さらにミカックは、新型が、コンセプト・ワンよりも「パフォーマンスが向上する」と話している。

・製造台数
コンセプト・ワン:8台
コンセプト・ワンS(サーキット専用モデル):2台

・コンセプト・ワンのスペック
最高出力:1240ps
最大トルク:163kg-m
0-100km/h加速:2.5秒
航続可能距離:330km


新型では航続可能距離が長くなるものの、リマックのカスタマーは日常利用を想定していないので、それほど大きなポイントではないという。
 

ライバルは、あのハイパーカー勢


新型の「コンセプト・ツー」は、100台の生産を予定しており、初年度には20台の販売を計画。

「ライバルは、パガーニ、ケーニグセグ、ブガッティ」と語るミカックは、新型の価格が、コンセプト・ワン(£1 million:1億5172万円)よりもプライスアップすると話している。


さらに「コンセプト・ツー」には、標準仕様のクーペに続き、数年後にはスパイダー仕様が登場するという。
 

リマック どんなメーカー?


リマックは、自動車の製造に力を入れているが、主な収入源は他メーカーへのバッテリー供給といったサプライヤーとしての事業である。

・ケーニグセグ・レゲーラ:バッテリー供給
・アストン マーティン・ヴァルキリー:バッテリー/インフォテインメント供給予定

同社は現在、バッテリーを1年に100ユニット製造しているが、これを数年以内に年産5000〜10000ユニットに拡大することを計画している。