激安Eコマースの米Wish、企業価値「約1兆円」で280億円を調達

写真拡大

ショッピングアプリの「Wish」が新たに2億5000万ドル(約280億円)の資金調達を行う。関係筋がフォーブスに伝えた情報によると、Wishの企業価値は85億ドル(約9560億円)と評価されたという。

Wishは中国で製造された割安な商品が、ダイレクトに顧客の元に届くEコマースサービス。元グーグルのPeter Szulczewskiらが2010年に共同創業したWishはサンフランシスコに本拠を置く。

Pitchbookのデータでは同社は今年5月に企業価値35億ドルで5億ドルを調達していた。その後、半年足らずで企業価値は2倍以上に伸びたことになる。Wishは今回の資金調達の以前に、合計12億5000万ドル(約1400億円)を調達している。

Wishのアプリではサングラスや腕時計が1ドル、男性向けのセーターが8ドルといった価格で販売されている。また、玩具やトイレタリー用品は1ドルや2ドル程度で売られ、それと同程度の送料で入手できる。なかには、無料のネックレスや口紅等のアイテムもあり、それらは送料のみで顧客の元に届けられる。Wishは売上の15%を手数料として徴収する。

商品は中国から発送されるため、到着までに2週間から4週間を要するが、Wishは既に3億人に利用されているという。調査企業Sensor TowerによるとWishは2017年前半に前年比50%近いユーザー増を遂げており、顧客の3分の2近くが女性だという。

ただし、PitchbookのデータではWishはまだ利益を生み出せていない。ニュースメディアStrictly VCの取材に対し、Szulczewskiは「Wishの売上は数十億ドル規模だ」と述べていた。公式サイト上でWishは「当社は世界で6番目の規模のEコマース企業であり、今後はナンバーワンを目指している」と述べている。

Szulczewskiによると「米国ではアマゾンで商品を買う余裕がない、”見えない半数の人々”が存在し、Wishはその層をターゲットにしている」という。

昨年12月のCode Conferenceの会場でSzulczewskiはこう話していた。「大統領選挙について話す時、人々の多くは『自分はドナルド・トランプに投票したという人に会ったことがない』という。シリコンバレーの投資家たちは、Wishがここまで人気があるのが信じられないというが、トランプが勝利したのと同じことが我々のプラットフォームで起こっている」

アマゾンからの10億ドル買収提案を拒絶

Szulczewskiは2010年にWishの親会社のContext Logicを設立した。Context Logicはマシンラーニングを活用した広告プラットフォームを運用する企業で、グーグルのアドワーズを競合と見据えている。

Wishはまず利用者らに欲しい商品の”ウィッシュリスト”を作成させるところから始動した。その後、Context Logicのマシンラーニング技術を投入し、利用者の好みに応じた買い物体験ができるプラットフォームに進化した。

WishはSNS上の広告出稿に注力している。2017年第2四半期のフェイスブック上のアプリ広告費のランキングで、Wishは2番目に高額な出稿費用を投じたアプリになっている。同社は2015年に、フェイスブック広告だけで約1億ドルの費用を投じていた。

2015年11月、アマゾンは10億ドルの現金でWishを買収しようとしたが、Szulczewskiはこの提案を拒絶した。SzulczewskiはRecodeの取材に対し「年間1兆ドル規模のマーケットプレイスを目指す」と応えていた。

Wishの今年5月の調達ラウンドは、China EverbrightやDST Global、 Formation 8 Partnersらが主導した。今回の資金調達にはカナダのウェリントンマネージメントや既存の出資元らが参加したと伝えられている。