画像提供:マイナビニュース

写真拡大

幕張メッセで行われている東京ゲームショウ2017(TGS2017)の日本HPブースでは、日本HPのゲーミングPCによる試遊台が計23台用意されており、最新ゲームを存分に試すことができる。また、特設ステージでは同社ゲーミングPC「OMEN by HP」シリーズの紹介などが行われていた。

日本HPが従来からあるゲーミングPCシリーズを「OMEN」ブランドとして一本化したのは2016年だが、2017年夏にはシリーズ製品を大きく拡充し、加えて実際に見る機会が少なかった最上位サブブランド「OMEN X by HP」も拡大した。

試遊台はステージの左右に5台づつ、タワー型ゲーミングPC「OMEN by HP Desktop 880(液冷モデル)」に、MMOFPS「PUBG」(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUND)と、対戦型FPS「レインボーシックス シージ」がプレイできる環境が用意されていた。

このほか、最新のOMEN X by HPシリーズとしてバックパック型PC「Compact Desktop P1000」も展示されており、実際に製品を背負う体験が可能だった(背負うだけでゲームなどは行えない)。

初日のステージでは、日本HP パーソナルシステムズ事業本部 クライアントビジネス本部 コンシューマー製品部 プロダクトマネージャーの森谷智行氏が、OMENシリーズの製品ラインナップを紹介した。

○「歌って踊れるゲーマーアイドル」古川未鈴さんによるVR体験ステージも!

特設ステージでは、でんぱ組.incの古川未鈴さんが、背負う事もできるデスクトップPC「OMEN X by HP Compact Desktop P1000」(P1000)の魅力を語るステージも開催。でんぱ組.incはそれぞれ得意な「オタ分野」があり、古川さんの得意分野は「ゲーム」。そしてイメージカラーも赤と、OMEN by HPと同じことから起用されたようだ。

ステージでは、ケーブルレスでVRヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」が存分に楽しめることを紹介。古川さんは、まず練習を兼ねてディスプレイケーブルをP1000に接続し、ステージ上で観客にゲーム内容を見せながらゲーム(SUPERHOT)をプレイ。その後ケーブルを外した本来のケーブルレス状態で、再度プレイをしてみせた。