黄海南道クァイル郡を現地指導した金正恩氏(2017年9月21日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長が黄海南道(ファンヘナムド)クァイル郡を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が21日、伝えた。

同通信によると、金正恩氏は、クァイル郡革命事績館とクァイル郡沿革紹介室、果樹研究所の分析室、情報室、電子閲覧室などを見て回った。

金正恩氏は、展望台でクァイル郡の全景を俯瞰し、果樹園を見て回った。リンゴを一つ一つさわり、「株当たり平均200個以上、最高300個以上実ったリンゴの木も多いというが、本当にたくさん実った」と豪快に笑ったという。

さらに、果物品種を増やす問題、果物加工工程を現代化する問題、豚牧場の運営をよくする問題、電力需要を円滑に保障する問題など、クァイル郡に提起される課題を提示したという。

現地指導には、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、崔龍海(チェ・リョンヘ)、徐紅燦(ソ・ホンチャン)、金勇帥(キム・ヨンス)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)の各氏が同行した。