会計初心者でもわかる読み方を伝授します(写真:xiangtao / PIXTA)

シバタナオキさんは現在、米シリコンバレーでスタートアップ企業を経営している。2006年から2011年までは楽天に在籍し、当時最年少執行役員も務めた。
シバタさんが楽天時代から現在まで日課にしているのが、企業の決算を読むことだ。その日課から磨いた、会計士などの専門家とはひと味違う自己流の決算の読み方を7月、著書「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」(日経BP社)にまとめ、『週刊東洋経済』(9月9日号、バックナンバー)ではそのエッセンスを掲載した。そこで紹介したことの一つが、決算説明会資料を読むことの効用だ。シバタさんがその具体的な考え方を指南する。

私はかつて在籍していた楽天で毎週月曜朝、全社員が参加する全体集会で役員が話題にする業界ニュースやトレンドの「ネタ作り」を任されていました。そこで話のネタに選んでいたのが、ITを中心とする企業の「決算」の話題でした。


企業の決算書を読んで、各社のサービス動向や経営戦略を読み解く。その習慣は、楽天を辞めてシリコンバレーで起業した今も続いています。自身がかかわるビジネスの状況をいちばん簡単に知る方法。それが決算だというのが、私の考えです。

企業の決算を読むというと、まず登場するのが「決算短信」や「有価証券報告書(有報)」といった決算書です。株式を上場している企業には公開義務があり、各社のホームページで閲覧できます。

ただし、それらは文字が多く、初心者には読みにくい。会計を勉強しようと意気込んでも、読みにくい決算書を前に挫折してしまう人も多いのではないでしょうか。そこで初心者にも取っ付きやすい資料として私が勧めたいのが、会社が決算説明会で利用する「決算説明会資料」です。

では会計初心者は決算説明会資料をどう読み込んでいけばいいのか。ここでその方法を伝授しましょう。

各企業のKPIを確認する

多くの上場企業は、ホームページのIR(投資家向け広報)情報に決算説明会資料を掲載しています。同資料の特徴は、グラフなどビジュアル的な要素が多く、一目で会社の業績の傾向などがわかること。もちろん、決算情報がすべて網羅されているわけではありませんが、まず決算説明会資料を読み、必要に応じて決算短信や有報にあたればいいと思います。

では具体的に見ていきましょう。ここでは非常に細かく決算の情報を掲載しているヤフーの説明会資料(2017年度第1四半期)を取り上げます。ヤフーは言わずと知れた日本のポータルサイト最大手。資料によると、ヤフーの事業はメディア事業(広告関連)とコマース事業(eコマース関連)に分かれていることがわかります(図表 法その売上高構成はメディア事業が675億円、コマース事業が1422億円となっています。


(図表 砲泙困魯札哀瓮鵐畔未稜箴綛盥柔を確認

その企業が重視する指標

決算説明会資料を読む際、意識していただきたいことがいくつかあります。その一つが、各企業の重要指標(KPI)です。KPIとは、Key Performance Indicatorの略。企業が経営や事業の目標を達成するために重視している指標のことです。

ヤフーのコマース事業でいえば、KPIは「国内流通総額」になります。これはヤフーのショッピングやオークションなどの取扱高の総額です。IRのホームページに載っている投資家向けのアニュアルレポートには、KPIが「取扱高」であることが明記されています。それを見なくても、決算説明会資料の最初の業績ハイライトのページに大きく載っているので(図表◆法▲筌奸爾同指標を重視していることがわかります。


(図表◆剖叛咼魯ぅ薀ぅ箸法eコマース国内流通総額」が載っており、重要な指標とわかる

もう一つ意識したいのは、KPIのような重要指標を過去の数値と比較し、「成長率」を確認することです。図表△鮓ると、メディア事業を中心とする広告関連の売り上げの成長率は、前年同期比7.8%増。一方、eコマースの国内流通総額は同15.8%増となっています。eコマースが2ケタ成長であるのに比べ、広告の伸びが鈍いことがわかりますます。

傾向を見つけて「なぜか」と考える

このようにある種の傾向が見つかった場合、重要なのは「なぜか」と考えることです。なぜeコマースの流通総額が伸びているのか。そう考えて資料の別ページを見ていくと、ショッピング取扱高が足元で急伸していることがわかります(図表)。


(図表)eコマースのショッピング事業の売上高が急伸

その隣のページを見ると、ヤフーがソフトバンクのスマートフォンユーザー向けに、ショッピング事業で「ポイント10倍」のキャンペーンを行っていることが紹介されています(図表ぁ法つまりショッピング取扱高の伸びは、ポイント還元策の効果だとわかるのです。


(図表ぁ縫櫂ぅ鵐10倍のキャンペーンがショッピングの取扱高増加の理由とわかる

実際、ショッピングの取扱高の伸びは、ショッピング広告の売上高の伸びにもつながっています(図表ァ法8什澆離筌奸爾寮長エンジンの一つであるショッピング事業の好調の背景には、こうした施策があったのです。


(図表ァ縫轡腑奪團鵐阿亮莪傾眩加がショッピング広告の売り上げ増につながっている

スマホ対応で広告も健闘

一方で成長率が鈍い広告事業はどうでしょうか。ヤフーといえばポータルサイトの集客力が売りであることは、多くの人が実感として知っているはずです。実際にヤフーは、その集客力を武器とした広告事業が長らく業績の牽引役でした。

しかしネットサービスの主戦場は、パソコンからスマホに移行。スマホはパソコンよりポータルサイトの立場が弱く、ポータルサイト運営企業にとってその環境変化は逆風でした。そこでヤフーが進めているのが、先ほどのショッピングなど成長事業の強化と、広告事業のスマホ対応によるテコ入れです。決算説明会資料には、1日当たりの閲覧数を示す「デイリーユニークブラウザ(DUB)数」において、スマホ経由が6000万超と、割合でいうと66%にまで伸びていることがわかります(図表Α法


(図表Α縫好泪朷侏海留寨者は6割以上に伸長

そのうちヤフーのスマホアプリ経由で1日1回以上閲覧した利用者を示す、アプリ合算の「デイリーアクティブユーザー数(DAU)」も、過去最高の4000万超にまで拡大しています(図表А法スマホ対応に加え、アプリ対応も順調に進んでいるといえます。スマホ対応に遅れ、苦戦が続くポータルサイトが多い中、ヤフーのメディア事業は健闘しており、ヤフーを利用するユーザーが増えているため、広告の売り上げも増加を続けているのです。


(図表А縫好泪杪弍に加え、アプリ対応も順調とわかる

決算書を読めればキャリアにも変化


私はこのようにして、決算説明会資料を中心に、気になる企業の決算を1社15分ほどで読む習慣を続けています。もちろん会計初心者の方は、いきなり資料を眺めても数字の背景をイメージすることは難しいでしょう。どんな指標が重要なのか、ビジネスモデルは何か、競合他社と比較した場合の立ち位置はどうか――。これらは決算を読む習慣を続けるうち、徐々に視点が広がっていくものです。

大事なことは、決算を読む習慣を続けることです。企業の決算を読めれば、同業他社の分析を自社のサービス向上に生かしたり、自身の転職につなげたりすることができ、キャリアにも変化がもたらされるはずです。その入り口となるのが、決算説明会資料なのです。